昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

読書

読書「夫のトリセツ」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。黒川伊保子先生の著書「夫のトリセツ」を読んでみました。妻に向けた本ではありますが、夫目線で学びを抽出してみます。それでは、宜しくお願いします。 夫のトリセツ (講談社+α新書) 作者:黒川伊保子 講談社 Amazon 【どんな…

読書「妻のトリセツ」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。前々から気になってて読んでみたいなと思っていた本「妻のトリセツ」を手に取る機会に恵まれたので読んでみました。作者は黒川伊保子先生ですね。宜しくお願いします。 妻のトリセツ (講談社+α新書) 作者:黒川伊保子 講談社 A…

読書「リンの谷のローワン」全体的な感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、オーストラリアの作家エミリー・ロッダ先生の全五巻からなるファンタジー小説「リンの谷のローワン」シリーズの僕が思う三つの魅力について語ります。ネタバレありますが、宜しくお願いします。 リンの谷のローワン(全…

読書「リンの谷のローワン」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、オーストラリアの作家エミリー・ロッダ先生のファンタジー小説「リンの谷のローワン」シリーズの感想を書きます。一巻毎に感想を書き連ねています。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願い…

読書以外体験も楽しもう

【前置き】 どうも、虫虎です。読書の楽しみの大部分は本を読むことに集約されているけど、それ以外の読書に関する体験も楽しいものがあると僕は思うので、挙げてみます。宜しくお願いします。 【本屋巡り】 新しい本との素敵な出会いを求めるなら、本屋さん…

読書のいいところ

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は読書のいいところについて思いつくことを列挙してみます。宜しくお願いします。 【読書のいいところ】 『面白い』 まずは本質的なところとして読書をすること自体が面白いということを挙げます。小説や実用書、自己啓発…

読書「病気にならない冷えとり健康法 温めれば内蔵から元気になる」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、進藤義晴先生の著書「病気にならない冷えとり健康法 温めれば内蔵から元気になる」の感想を書きます。宜しくお願いします。 病気にならない「冷えとり」健康法 温めれば内臓から元気になる (PHP文庫) 作者:進藤 義晴 P…

小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は東野圭吾先生の小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の感想を書いてみます。ネタバレありますが、宜しくお願いします。 ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫) 作者:東野 圭吾 発売日: 2020/04/24 メディア: Kindle版 【あらすじ】 窃盗…

読書「幸せになる勇気」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は「幸せになる勇気」という本の感想を書いてみます。宜しくお願いします。 幸せになる勇気 作者:岸見 一郎,古賀 史健 発売日: 2016/02/26 メディア: Kindle版 【どんな本か】 「嫌われる勇気」の続編ですね。「嫌われる勇…

小説「鹿の王 還って行く者」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は上橋菜穂子先生の「鹿の王」の下巻である「鹿の王 還って行く者」の感想を書いていきます。ネタバレありますので、ご注意ください。宜しくお願いします。 鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐ 作者:上橋 菜穂子 発売日: 2014/0…

小説「鹿の王 生き残った者」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は上橋菜穂子先生の小説「鹿の王 生き残った者」(上巻)の感想を書きます。ネタバレありますので、お気をつけください。それでは宜しくお願いします。 鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐ 作者:上橋 菜穂子 発売日: 2014/09/24…

小説「ソードアート・オンライン アインクラッド」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、川原 礫先生のソードアート・オンラインシリーズの第一巻目の「ソードアート・オンライン1 アインクラッド」を読み終えたので感想を記してみます。ネタバレありますのでご注意ください。それでは宜しくお願いします。…

読書「気にしない練習」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は名取芳彦先生の著書「気にしない練習 不安・怒り・煩悩を「放念」するヒント」についての感想を書きます。宜しくお願いします。 気にしない練習―――不安・怒り・煩悩を「放念」するヒント 作者:名取 芳彦 発売日: 2014/12…

小説「ホビット ゆきてかえりし物語」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回はトールキン先生の「ホビット ゆきてかえりし物語」の感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。 ホビット〈上〉―ゆきてかえりし物語 作者:J.R.R. トールキン 発売日: 2…

小説「火車」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は宮部みゆき先生の小説「火車」の感想を書きます。 ネタバレありますので未読の方はご注意ください。 宜しくお願いします。 【火車】 【あらすじ】 刑事・本間俊介は、犯人確保時に負った傷のため、休職していた。そんな…

小説「英雄の書」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は宮部みゆき先生の小説「英雄の書」について感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。 【英雄の書】 RPG風の冒険小説は僕好みなので面白いですねー。 装備品があり、魔…

小説「夜行観覧車」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は湊かなえ先生の小説「夜行観覧車」の感想を書きます。ネタバレをありますので、ご注意ください。宜しくお願いします。 【夜行観覧車】 抱えた問題と共に観覧車に乗り込んだ家族は、そこから逃れることもできず朝も夜も揺…

小説「君の名は。」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、映画の方はまだ観れていないのですが、新海誠先生の小説「君の名は。」の感想を書きます。感想の中で「君の名は。」と新海誠先生のアニメーション「秒速5センチメートル」ネタバレをしてますのでご注意ください。それ…

小説「イニシエーション・ラブ」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は乾くるみ先生の小説「イニシエーション・ラブ」の感想を書きます。 物語の核になるネタバレを盛大にしてますので、未読の方は戻っていただいた方が良いかと思います。 それでは、宜しくお願いします。 イニシエーション…

小説「火花」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は又吉直樹先生の小説「火花」の感想を書きます。宜しくお願いします。 【火花】 芥川賞の話題作でしたね。 又吉先生が芸人として感じてきたことや考えてきたことを小説として綴ったのだなぁと感じました。 やはり又吉先生…

小説「これは王国のかぎ」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は荻原規子先生の小説「これは王国のかぎ」の感想を書きます。宜しくお願いします。 【これは王国のかぎ】 アラビアンナイトの世界に没入することのできる物語です。 主人公は中学生の少女で、文面にも少女口調が入ってい…

小説「夜は短し歩けよ乙女」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は森見登美彦先生の小説「夜は短し歩けよ乙女」の感想を書き散らします。宜しくお願いします。 【読書感想】 森見登美彦先生の独特な言い回しが癖になります。論理的な文章をコミカルに表現するところが、この小説の味だと…

小説「白夜行」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は東野圭吾先生の小説「白夜行」の感想を書きます。物語の最後の方の結末に触れてますので、未読の方はネタバレになりますので、ご注意ください。宜しくお願いします。 【白夜行】 最後の最後まで救いも償いもなく、ひたす…

読書「禅、比べない生活」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は枡野俊明先生の著書「禅、比べない生活「自分のものさし」で生きるヒント」の読書感想を綴ります。宜しくお願いします。 禅、比べない生活: 「自分のものさし」で生きるヒント (知的生きかた文庫) 作者:俊明, 枡野 発売…

小説「持たざる者」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は前回の続きで金原ひとみ先生の小説「持たざる者」の感想をもう少し書きます。「持たざる者」は四人の主人公がそれぞれ、絶望や後悔や諦念やもどかしさといった感情を抱えながら過ごしていきます。それぞれの主人公の物語…

金原ひとみ小説3作品感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、小説家の金原ひとみ先生の小説3作品の感想を書きます。内容は「蛇にピアス」「ハイドラ」「持たざる者」です。 金原ひとみ先生の描く人のいき過ぎた感情のようなものを読んでいると、もしかするとあり得るかもしれない…

小説「常野物語シリーズ」感想②

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は前回に引き続き恩田陸先生の小説「常野物語シリーズ」の感想を書きます。今回は「常野物語」の全体的なことを語ってみます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。 【常野物語の全…

小説「常野物語シリーズ」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は恩田陸先生の小説「常野物語シリーズ」の感想を書きます。「常野物語シリーズ」は現在「光の帝国」「蒲公英草紙」「エンド・ゲーム」の3冊が出版されています。今回は、3作品毎の僕の感じたことを書き連ねます。ネタバレ…

小説「ライラの冒険シリーズ」感想②

【前置き】 どうも、虫虎です。前回に引き続きフィリップ・プルマン先生の「ライラの冒険シリーズ」の感想を書きます。今回は三部作まとめた全体的な感想文にしました。盛大にネタバレしてますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。 【…

小説「ライラの冒険シリーズ」感想①

【前置き】 どうも、虫虎です。フィリップ・プルマン先生の小説「ライラの冒険」の感想を書きます。「ライラの冒険」は「黄金の羅針盤」「神秘の短剣」「琥珀の望遠鏡」の三部作で構成されています。今回は三部作それぞれの感想です。盛大にネタバレしてます…