昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

読書

小説「手のひらの京」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、綿矢りさ先生著「手のひらの京」を読みましたので感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。 手のひらの京 (新潮文庫) 作者:りさ, 綿矢 新潮社 Amazon 【あらすじ】 …

伝記「ガンジー〜インドを独立にみちびき、非暴力によって世界を変えた人 」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は伝記「ガンジー〜インドを独立にみちびき、非暴力によって世界を変えた人」を読みましたので自分なりにまとめて感想を書きます。宜しくお願いします。 ガンジー―インドを独立にみちびき、非暴力によって世界を変えた人 (…

読書「チーズはどこへ消えた?」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。「チーズはどこへ消えた?」という本を読んでみました。多くの知見を得ることができて大変勉強になりました。今回は、感想を自分なりにまとめます。宜しくお願いします。 チーズはどこへ消えた? (扶桑社BOOKS) 作者:スペ…

小説「デルトラクエスト第1巻〜8巻」までの感想

【前置き】 どうも、虫虎です。エミリー・ロッダ先生のデルトラクエストシリーズの第1部の1巻〜8巻まで読みましたので、感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。 【沈黙の森】 デルトラ・クエストI (1) …

読書「娘のトリセツ」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、黒川伊保子先生の著書「娘のトリセツ」を読みましたので、その感想を綴ります。宜しくお願いします。 娘のトリセツ(小学館新書) 作者:黒川伊保子 小学館 Amazon 【どんな本?】 「妻のトリセツ」で話題となった黒川…

読書「夫のトリセツ」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。黒川伊保子先生の著書「夫のトリセツ」を読んでみました。妻に向けた本ではありますが、夫目線で学びを抽出してみます。それでは、宜しくお願いします。 夫のトリセツ (講談社+α新書) 作者:黒川伊保子 講談社 Amazon 【どんな…

読書「妻のトリセツ」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。前々から気になってて読んでみたいなと思っていた本「妻のトリセツ」を手に取る機会に恵まれたので読んでみました。作者は黒川伊保子先生ですね。宜しくお願いします。 妻のトリセツ (講談社+α新書) 作者:黒川伊保子 講談社 A…

自己啓発本を読むのを少しずつ減らしていくといい

【前置き】 どうも、虫虎です。僕は自己啓発本を読むのが好きです。けど、ふと、自己啓発本から自分にとっての大切な考えを抽出して練り込めたら実践でどんどん使っていかなければ意味がないなとも思えました。だから、その辺りの思考についてまとめてみます…

読書「ベストセラー小説の書き方」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。僕の夢の一つに「小説を出版する」があります。その夢を叶えるためには、読書量、執筆量、情熱や熱意、取り組む時間、才能が全然足りていないのだけれども、少しずつでも勉強しようということでディーン・R・クーンツ先生の著…

読書「リンの谷のローワン」全体的な感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、オーストラリアの作家エミリー・ロッダ先生の全五巻からなるファンタジー小説「リンの谷のローワン」シリーズの僕が思う三つの魅力について語ります。ネタバレありますが、宜しくお願いします。 リンの谷のローワン(全…

読書「リンの谷のローワン」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、オーストラリアの作家エミリー・ロッダ先生のファンタジー小説「リンの谷のローワン」シリーズの感想を書きます。一巻毎に感想を書き連ねています。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願い…

読書「ファーブルの昆虫記 下巻」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、大岡信先生編訳「ファーブルの昆虫記 下巻」の読書感想を書きます。よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。 ファーブルの昆虫記 下 (岩波少年文庫) 岩波書店 Amazon 【どんな本?】 ファーブル昆虫記の…

読書以外体験も楽しもう

【前置き】 どうも、虫虎です。読書の楽しみの大部分は本を読むことに集約されているけど、それ以外の読書に関する体験も楽しいものがあると僕は思うので、挙げてみます。宜しくお願いします。 【本屋巡り】 新しい本との素敵な出会いを求めるなら、本屋さん…

読書のいいところ

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は読書のいいところについて思いつくことを列挙してみます。宜しくお願いします。 【読書のいいところ】 『面白い』 まずは本質的なところとして読書をすること自体が面白いということを挙げます。小説や実用書、自己啓発…

自己啓発本を読んで感動しても時と共に忘れてしまいませんか

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、自己啓発本を読んでも時間が経つと内容を忘れてしまうよね。じゃあ、どうしたら忘れないでいられるかなということについて考えてみます。宜しくお願いします。 【人は忘れてしまう生き物】 僕は割りと読書が好きで、そ…

読書「ファーブルの昆虫記上巻」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、本「ファーブルの昆虫記上巻」の感想を書きます。こちらは大岡信先生が編訳したものですね。それでは宜しくお願いします。 ファーブルの昆虫記 上 (岩波少年文庫) 岩波書店 Amazon 【どんな本か?】 ファーブル昆虫記…

伝記「この人を見よ!歴史をつくった人びと伝19アンリ・ファーブル」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は「この人を見よ!歴史をつくった人びと伝19アンリ・ファーブル」を読んでみたので、その感想を書きます。宜しくお願いします。 この人を見よ!歴史をつくった人びと伝 19 アンリ・ファーブル ポプラ社 Amazon 【どんな本…

読書「ファーブル昆虫記ここがスゴイぞ!虫のふしぎ」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今日も今日とて昆虫の話題ということで今回は「ファーブル昆虫記ここがスゴイぞ!虫のふしぎ」という本を読んでみたので、その感想を書きます。宜しくお願いします。 ファーブル昆虫記 ここがスゴイぞ!虫のふしぎ (集英社みら…

読書「病気にならない冷えとり健康法 温めれば内蔵から元気になる」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、進藤義晴先生の著書「病気にならない冷えとり健康法 温めれば内蔵から元気になる」の感想を書きます。宜しくお願いします。 病気にならない「冷えとり」健康法 温めれば内臓から元気になる (PHP文庫) 作者:進藤 義晴 P…

小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は東野圭吾先生の小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の感想を書いてみます。ネタバレありますが、宜しくお願いします。 ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫) 作者:東野 圭吾 発売日: 2020/04/24 メディア: Kindle版 【あらすじ】 窃盗…

読書「幸せになる勇気」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は「幸せになる勇気」という本の感想を書いてみます。宜しくお願いします。 幸せになる勇気 作者:岸見 一郎,古賀 史健 発売日: 2016/02/26 メディア: Kindle版 【どんな本か】 「嫌われる勇気」の続編ですね。「嫌われる勇…

読書「世界最高医が教える目がよくなる32の方法」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。僕は一年くらい前にパソコンをよく使う部署に異動したのですけど、そこで眼精疲労の視力低下に悩まされることになりました。片目ずつ0.8くらいの視力があったのに、少し前に測定すると0.6になっていて愕然としました。確かに遠…

小説「鹿の王 還って行く者」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は上橋菜穂子先生の「鹿の王」の下巻である「鹿の王 還って行く者」の感想を書いていきます。ネタバレありますので、ご注意ください。宜しくお願いします。 鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐ 作者:上橋 菜穂子 発売日: 2014/0…

小説「鹿の王 生き残った者」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は上橋菜穂子先生の小説「鹿の王 生き残った者」(上巻)の感想を書きます。ネタバレありますので、お気をつけください。それでは宜しくお願いします。 鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐ 作者:上橋 菜穂子 発売日: 2014/09/24…

読書「よくわかる「世界の幻獣」事典」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は「「世界の幻獣」を研究する会」の著「よくわかる「世界の幻獣」事典」の感想を書きます。「世界の幻獣を研究する会」って名前から実に楽しそうな集まりですね。ただ調べてみてもよく分からなかったんですよね。そんな謎…

読書「「自分」を浄化する坐禅入門」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、小池龍之介先生の著書「「自分」を浄化する坐禅入門」の感想を書いていきます。宜しくお願いします。 「自分」を浄化する坐禅入門 (PHP文庫) 作者:小池 龍之介 発売日: 2014/06/13 メディア: Kindle版 【どんな本か】 …

積ん読をやめると気持ちが楽になる

【前置き】 どうも、虫虎です。世の中には面白そうな本、役に立ちそうな本が沢山あります。だから、色々な本をついつい買ってしまって、家に多量の未読の本があるという積ん読が溜まってしまうということはよくあることかと思います。今回はそんな積ん読につ…

小説「ソードアート・オンライン アインクラッド」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は、川原 礫先生のソードアート・オンラインシリーズの第一巻目の「ソードアート・オンライン1 アインクラッド」を読み終えたので感想を記してみます。ネタバレありますのでご注意ください。それでは宜しくお願いします。…

読書「原稿用紙10枚を書く力」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は斎藤孝先生の著書「原稿用紙10枚を書く力」の感想を書きます。宜しくお願いします。 原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫) 作者:齋藤孝 発売日: 2013/09/06 メディア: Kindle版 【どんな本か】 本書は書くことの自分への…

読書「アドラー心理学で「子どものやる気」を引き出す本」感想

【前置き】 どうも、虫虎です。今回は星一郎先生の著書「アドラー心理学で子どものやる気を引き出す本」の感想を書きます。読んでみて「アドラー流育児論」と「アドラー心理学」を同時に学ぶことのできるお得な本だなぁと感じました。気づきや学びが多かった…