昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

失敗する可能性を最大限下げる方法

【前置き】

 どうも、虫虎です。今回は「失敗する可能性を下げる方法」について考えました。僕なりの回答ですが、宜しくお願いします。

 

 

【今回考察すること】

 失敗するのは誰しも嫌なことです。失敗すると、自分は辛くて嫌な気持ちになるし、他人には迷惑がかかる。今回は、自分が失敗をしないように「失敗する可能性を最大限下げる方法」を考察してみます。

 


【行動面と精神面】

 失敗の可能性を下げるアプローチ方法は行動面と精神面の二面に分類できると僕は考えます。言い換えると、具体的な行動と気持ちの持ち方としてみます。その二方面から具体的な対策を列挙してみます。

 


【気持ちの持ち方】

≪忙しくても慌てない心≫

 焦りや慌てや狼狽や動転といった心理状態に陥ってしまっている時、失敗の可能性は跳ね上がります。そこで慌てずに平常心を保つことはとても大切なことであると判かります。普段から平常心を保ち続ける努力を怠らないようにしなければならないです。


≪プレッシャーに負けない心≫

 プレッシャーがかかる場面において心が押し潰されない精神力作り。プレッシャーがかかり緊張してしまうと、これもまた失敗の可能性は跳ね上がります。だから、プレッシャーに負けない心を作り上げることが大切です。精神力を鍛える為には、日々、準備や努力を怠らず、不安に打ち克ち、自分に自信を持つことや堂々とした心を育て上げることが必要になってきます。


≪心にゆとりを持つ≫

 心にゆとりがあると、冷静な判断ができます。日々、落ち着いた心持ちで過ごすことを意識していかなければならないです。

 


【具体的な行動】

≪毎日瞑想する≫

 これは非常に重要な日課だと僕は考えています。瞑想するとしないとでは、精神状態に雲泥の差が生まれる感じがします。僕の場合は、大抵「失敗した日=瞑想を怠ってしまってる日」でした。毎日瞑想に時間を割くことはとても良い習慣です。


≪確認作業を怠らない≫

 指差呼称は基本中の基本。凄く大事なことです。指差呼称を自分の行動規準に取り入れておくと、失敗の可能性は大幅に下げることができると僕は考えます。


≪十分な睡眠時間を確保する≫

 こちらも大事なこと。睡眠不足だと頭が回らなくて、失敗の可能性は跳ね上がります。逆に睡眠をしっかり取っていると頭の中は綺麗な状態となり、失敗の可能性を下げることができるということになります。


≪できることはやっておく≫

 自分の生活が忙しくならないようにできることは早めにこなしていくようにする。これも、心にゆとりを持つ方法の1つであると思います。


≪時間に余裕を持つ≫

 時間に余裕を持って行動するように心掛ける。時間に余裕がないと、焦りが生まれて失敗の可能性が跳ね上がります。早め早めの行動を基本とすると良いと思います。


≪呼吸を整える≫

 呼吸を整えることで、精神状態を落ち着かせることができます。深い呼吸をして、冷静さと集中力がある状態で行動すると良いと僕は感じています。

 


【まとめ】

 上記の失敗しない対策を端的にまとめてみると、気持ちの面では、強くて落ち着いた心を保つことが重要であって、行動面では、その強くて落ち着いた心を育て上げたり、作り出すことが大切であるということになります。これから意識して日々生活に勤しみたいと思います。

「自分」を浄化する坐禅入門 (PHP文庫)

「自分」を浄化する坐禅入門 (PHP文庫)

 

心を空っぽにする瞬間。頭の中の雑念が発生しなくなり、煩悩の汚れが心の表面から、少しずつ取り除かれる。空っぽになればなるほど、エネルギーに満ち溢れ、強いクリアな明晰な判断力、意識状態が形作られます。

(「「自分」を浄化する座禅入門」より)