ランニング好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、ランニング、読書、昆虫、子育て、文章書き、オナ禁、映画、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

僕が長期オナ禁状態になれた要因

【前置き】

 どうも、虫虎です。今回もオナ禁についてです。今回の題材は「僕が長期オナ禁状態になれた要因」について語ります。それに合わせて僕のオナ禁史と絡めて書いていきます。よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

 

 

【僕のオナ禁の歴史】

 20歳の頃に週5回連続でリセットをした時が転機でした。僕の肌が乾燥しだして、酷い湿疹ができてしまいました。リセットしすぎたからではないかということに思い至り、インターネットで調べてオナ禁という単語に出会いました。そして、オナ禁をすることを決意することになりました。

 

 しかし、始めの頃はなかなか続かなかったです。3日続けるのが精一杯でした。自由な大学生には誘惑と戦わなくてはならない時間が多かったという言い訳です。

 

 オナ禁2年目の頃は、7日くらいはなんとか続けることができるようになっていました。ストレスが溜まるとよく失敗してしまっていました。オナ禁ブログを読み漁りながら、オナ禁について勉強しつつ、孤軍奮闘していました。

 

 そして、新社会人の頃、初めての仕事の忙しさや慣れない土地などの環境の変化も相まって、初の中期オナ禁(50日以上)に成功しました。

 

 その時に彼女ができました。オナ禁効果かもしれないですね。それからは、なかなか結果振るわず7日から14日程度のオナ減に落ち着いていきました。調子がよければ、20日越える時がありました。

 

 オナ禁6年目に2回目の転機が訪れました。長女が産まれ、中期オナ禁(45日程度)に成功しました。新社会人や新しい家族の誕生のような環境の変化はとてもチャンスなんだと実感を得ました。その後は、7日~21日のオナ減状態に戻ってしまいました。

 

 オナ禁8年目に3回目の転機が訪れました。次女が産まれ、長期オナ禁モードに突入することとなりました。

 

 それからは、リセットはしていません。

 


【長期オナ禁状態になる要因】

 中長期オナ禁を成功させるには、かなりの気合い、根性、意思の強さが必要になってきます。オナ禁戦士なら分かると思いますが。僕も何度も失敗したことか。

 

 僕は過去に3度ほど中長期オナ禁に成功しました。初めて社会人になった時期と長女が産まれた時期と次女が産まれた時期でありました。

 

 実生活で悪魔的な忙しさ、緊張感が続く時に成功したと考えられます。

 

 今思い返してみれば、自分がスーパーサイヤ人状態にならなければ対処できない状況だったように思います。逆に考えれば、そういう状況は、長期オナ禁を成功させるチャンスであるのだと思います。

 

 なかなかそういう状況になることもないのかもしれないけど、そういったチャンスは逃さず、活かしていくと良いかと僕は思いました。

 

 

【まとめ】

 以上、僕が長期オナ禁状態になれたきっかけのご紹介でした。僕の経験談ですが、良かったら参考にしてみてください。

 

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

働く君に贈る25の言葉

働く君に贈る25の言葉

 

失敗を恐れず、挑戦する。失敗したら、その原因やその回避方法を必死になって考える。そして、何度でも挑戦するのです。

(「働く君に贈る25の言葉」より)