昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

GARNET CROW「STAY ~夜明けのSoul~」感想

【前置き】

 どうも、虫虎です。今回はGARNET CROWさんの7枚目のアルバムの「STAY ~夜明けのSoul~」の感想を書きます。こちらも良曲揃いの素敵なアルバムですね。宜しくお願いします。

 

【Hello Sadness】

 別れた恋人が忘れられないよ。私の心にやってくる「哀しみ」さん、こんにちは。中村由利さんの力強い歌声が格好よくて良い感じですね。

 

「I'll walk alone with you in silence」

(「Hello Sadness」より)

 意味は「黙って君と二人きり」。哀しみを人として数えるところが余計に哀愁さを誘いますね。

 

「幸福の中に不幸があって躊躇いの向こうに期待がひそむ」

(「Hello Sadness」より)

幸福の中にも不幸がある。AZUKI七さんは凄いですね。凄く含蓄を感じる僕の好きな歌詞です。

 


百年の孤独

 長い孤独は僕たちに何を与えるのか。孤独でいることで大きくなる愛や変わりゆく正義の形があったりする。小説「百年の孤独」からのモチーフで映画「北斗の拳」の主題歌でもある曲です。孤独感のある曲調を何度も聴いてるとじわじわ染み込んできますね。聞き込んでいくと味わい深さが分かる楽曲です。

 

「哀しみを抱く時
愛は強くなるでしょう」

(「百年の孤独」より)

哀と愛は表裏一体かもしれない。

 


【花は咲いて ただ揺れて(album.ver)】

 花といえば、美しくて綺麗できらびやかで見る人を幸せにするという側面が大いにあるけど、その花の儚さの側面を歌い上げた楽曲。花は、ただ咲いて、揺れながら、甘い匂いを誰を誘うともなく発している。雨に打たれてたり、人に摘まれたりする運命を受けいれながら、次の世代に命を託している。美しさだけじゃなくて、そういった儚い側面も花の魅力であるのかもしれないですね。儚いメロディがじわじわ染み込んでくきます。

 

「雨に濡れいつか遠く飛び立つ夢をみても」

(「花は咲いて ただ揺れて」より)

花の気持ちを考えたことなかったなーと思わされまさた。流石、AZUKI七さんですね。

 


【Elysium】

《Elysiumとは》
 ギリシアローマ神話で、地の西端にあるとする楽園。 神々に愛された者や英雄が死後に住むという。 エリュシオン。

 旅立った私にとっての英雄を求めてしまう気持ちを歌った曲。不確かな愛を求めながら、せめて心だけでもいって欲しい。GARNET CROW至極のバラードといった印象を受けました。

 

「永遠なる愛なんて信じてない
それでも心は何か欲しがる」

(「Elysium」より)

永遠の愛が欲しいのか、不確かな愛だから欲しがってしまうのか。

 


【Doing all right】

 大丈夫、大丈夫、大丈夫。忘れ物があっても、人恋しさがあっても、終わるものがあっても、馴染めない街であっても、大丈夫だよと。心を解放したら気持ちいいよ。多くの人に応援されてる感覚になる楽曲ですね。

 

「答えのない問いかけそっと羽ばたくように弾けてゆく」
「打ち放たれた生命は今を感じたいんだ」

(「Doing all right」より)

大丈夫っていうことを伝える歌詞が素敵すぎますね。

Doing all right 大丈夫

 


【ON THE WAY】

 愛し合う2人の行きつく果てには何があるだろうか。落ち着き払った安心できる中村由利さんの歌声が響き渡る楽曲です。愛にゴールはあるのか。それは人それぞれの境地になるのかなと思います。

 

「戸惑うばかりなら愛は何処か遠く消えてゆきそうな蜃気楼」

(「ON THE WAY」より)

形のない愛を言語化されていくところがいいなと思いました。

ON THE WAY 途中

 


【STAY】

 すべてが始まったわけでも終わったわけでもないこの世界で私はとりとめもない日々を過ごす。そんな曲ですかね。とりとめもない日々の朧気な感情を、ちょうど夜明けの魂のような感じを、穏やかに歌っている。アルバム名に入っている通り、このアルバムの中核的な曲ですね。

 

「とりとめもなく君を想い過ごした夜明けのSoul」

(「STAY」より)

不明瞭さがAZUKI七さんらしくて素敵ですね。

remembrance 記憶

 


【日々のほとり】

 夕暮れの海岸沿いに海鳥たちの優しい鳴き声が聴こえる、白い花が見える、潮風の匂いが香る。情景が浮かんでくる心地好い楽曲です。曲の最後の波の音も素敵だ。「ほとり」という言葉を曲で表した芸術作品ですわ。

 

「波の音に消えそうなやさしい日々のほとり」

(「日々のほとり」より)

 極上の癒しや優しさを感じることができる歌詞が素晴らしいです。

 


【夢のひとつ】

 別れた恋人を思い出して、もしも別れずに付き合っていたらどうなってたのかなと考えてしまった、そんな夢のひとつを見た日の歌かな。寂しいけど、暖かな懐かしさを感じれる中村由利さんの歌声が快いです。

歌詞の「混乱」の部分が「コナン」に聞こえるのは僕だけでしょうか。

 

「こんな穏やかな夜にはさまようものよ」

(「夢のひとつ」より)

穏やかな日にこそ考えてしまうのかもしれない。そういう時間って寂しさとか懐かしさとか暖かさが入り交じって不思議な心地になりますね。

 


【Fall in Life 〜Hallelujah〜】

細かいことなんて気にしないで心の赴くままに走ってこう。空は晴れてるよ。GARNET CROWさんのアルバムの中にアップテンポな楽曲が1曲あると凄く良い刺激になるなーって感じますね。曲自体も素敵だけど、アルバムの質を上げてくれる効果もあると僕は感じました。

 

「困難は時に関係をぎゅっと強く結びつける為に そう あるもんだって!」

(「Fall in Life 〜Hallelujah〜」より)

時にはぶっとんじゃいましょう。いいね。

Fall in Life 人生に落ちる

 


【Rainy Soul】

 夜明け頃の雨の中の祈りというイメージを持ちました。静かな時に雨がぽつぽつと降っている感じが感慨深い。届かない人のことを考えてるどうしようもない時間のような。

 

「あなたが生きているのなら私はまだ未来を祈れる」

(「Rainy Soul」より)

しっとり悲哀な歌詞が雨水が地面落ちて染み込むみたいに入り込んできます。

 


【恋のあいまに】

 恋のあいまに感じること。恋が終わりそうな時、一人になって感じること。恋が終わった直後、感じること。恋が終わって時が経ってから感じること。そんな恋のあいまに感じる感情を綴った楽曲です。恋の終わりとこのアルバムの終わりとが相まる感じが最終曲だなーって感じですね。中村由利さんの声を聴くのが改めて幸せだなーっていう声を味わえる楽曲かなと思います。

 

「恋のあいまに見上げる空
何故こんなにも儚くて遠い」

(「恋のあいまに」より)

自分の感情次第で見える風景って変わってくる。感情を風景で表しているところがAZUKI七さんはやっぱり素敵だなと思います。

 

 

【まとめ】

 以上、GARNET CROWさんの7枚目のアルバムの「STAY ~夜明けのSoul~」の個人的な感想でした。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

STAY~夜明けのSoul~(初回限定盤A)(DVD付)

STAY~夜明けのSoul~(初回限定盤A)(DVD付)

  • アーティスト:GARNET CROW
  • 発売日: 2009/09/30
  • メディア: CD