昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

RPGの良いところ6選

【前置き】

 どうも、虫虎です。最近ゲームしてますか。今回は、RPGゲームの良いところを僕なりに列挙してみます。宜しくお願いします。

 


RPGゲームのいいところ6選】

 

【自室で大冒険を体験できる】

 画面の中に繰り広げられる大冒険。ゲームに夢中になって、その世界観に入り込めば、そこはもう自室ではない、ゲームの世界なのです。

 

RPGは、ファンタジーの世界を冒険している気分にさせてくれます。

 


【自分に選択権がある】

 RPGゲームと小説や映画といった物語作品の違いは、自分で進めていくかいかないかであるかと思います。小説や映画は受動的な物語体験であって、ゲームは能動的な物語体験をすることができます。勿論、小説や映画には各々の良さがあるし、ゲームの物語も基本的なところは決まっているけど、ゲームには自分で決めて進めるという側面もあるのが魅力だと僕は考えます。

 

 RPGは、自分なりの道のりで物語を進めれます。

 


【感情移入率が高い】

 RPGを進める時に、ずっとキャラクターを操作して動かしていくからか、感情移入がしやすくなるという側面もあると思います。自分の意思を指先に込めてキャラクターを動かす。その繰り返しで、自分とキャラクターが繋がっていく。気がつくと、僕たちはゲームのキャラクターと一心同体となる筈です。

 

 RPGは、キャラクターを通して冒険を疑似体験させてくれます。

 


ゲーム音楽が心に残りやすい】

 音楽ってその時の状況や気持ちとセットになると、記憶に残りやすいと思います。だから、RPGのこの場面で流れたこの音楽といった形で音楽が思い出と共に心に染み込んでいきます。

 

 RPGは、ゲーム音楽がゲームの思い出と合わさって心に残ります。

 


【クリアした時の感動】

 RPGは長時間遊ぶ場合が多い。長時間、ゲームの世界に没入しているからか、クリアした時は春風の心地好さのような感動体験が待っているのです。

 

 RPGは、クリア後に爽快な感動体験を得ることができます。

 


【贅沢な非日常時間を過ごせる】

 ゲームは、日常生活においてしなければならないことではない娯楽ですね。そんなある意味では無駄である娯楽に時間を注げることって幸せなことだと思います。

 

 RPGは、物語世界に入り込んでハレの日を体験することになります。

 


【まとめ】

 RPGは、いいですぞ。数あるゲームの中で自分にとって楽しそうなソフトを見つけて冒険に出掛けてみては如何でしょうか。