昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

マリオゲームシリーズの思い出語り

【前置き】

どうも、虫虎です。ゲームと言えば、「マリオ」の印象が強い人もいるし、マリオゲームを遊んだことある人は沢山いるのではないかと思います。

 

 僕自身、子どもの頃は特にマリオ関連のゲームを遊んでいました。そんな国民的ゲームキャラクターである「マリオ」関連のゲームの思い出語りをしてみます。宜しくお願いします。

 


スーパーマリオワールド

 僕の初めてのマリオゲームは「スーパーマリオワールド」でした。当時は幼稚園の年長だったかと思います。マリオを操作して、敵や障害物や底無しの地面を避けながら、右へ右へ、時には上へ上へと進んでいく横スクロールアクションゲーム。このゲームが僕をゲームの世界に導いてくれました。

 

 当時は、僕と弟とお母さんとお父さんとで代わり番子で遊んでいました。楽しかったし、今になって思い返してみると幸せな時間だったなと思えます。無邪気に必死になってマリオを操作する。ゴールできたら両親が感心してくれる。

 

 誇らしくて幸せなゲーム体験をさせてくれたソフトでした。

 


スーパーマリオコレクション

 横スクロールアクションのマリオゲームが4つ入っているお得なソフトですね。内容は、「スーパーマリオブラザーズ」「スーパーマリオブラザーズ2」「スーパーマリオUSA
スーパーマリオブラザーズ3」です。ボリューム満点で長時間楽しめますね。

 

 「USA」「ブラザーズ3」を特によく遊んでいたと記憶しています。カブ引っこ抜いて投げつけたり、飛行船のステージとかが思い出深く記憶にありますね。

 

 小さな頃に夢中になって遊んだ思い出のゲームです。

 


スーパーマリオRPG

 任天堂スクウェアが共同製作した伝説のRPGです。僕が初めての遊んRPGは「スーパーマリオRPG」でした。ストーリー、キャラクター、音楽と全ての要素の質が高い最高のRPGの1つではないでしょうか。

 

 こちらは、あのクッパが仲間になって一緒に戦うというマリオとクッパの夢の共同戦線に加えて、マロとかジーノのいったオリジナルキャラクターも思い出深いですね。

 

 音楽もゲーム音楽好きなら知らない人はいないのではないかと思う下村陽子先生の作曲ですね。「森のキノコにご用心」「対武器ボス戦」などは最高ですし、懐かしくて温かい気持ちになります。

 

 「スーパーマリオRPG」は小学低学年から遊べる数少ないRPGの1つではないでしょうか。

 


マリオカートシリーズ】

マリオカートシリーズ」もロングセラーシリーズですね。僕が遊んでいたのは、SFC版、64版、ゲームキューブ版、Wii版ですね。

マリオカートは友達や兄弟姉妹と賑やかに遊ぶとその真価を発揮しますね。

 

 順位が下位気味だと強力なアイテムが出て、上位組との距離は縮まるけど、それでも割りと実力勝負、真剣勝負な側面が強いゲームだと思います。それ故に、皆必死になって、指先から伝えるハンドリング、ルート選択、アイテムの使い時を瞬時の判断で執り行ってしのぎを削る。夢中になって遊べるゲームです。

 

 個人的に思うのは、何だかんだで スーパーファミコン版が一番難しいような気がします。

スペシャルカップ難しかったですね。

 


マリオテニスシリーズ】

マリオテニスGC

マリオテニスGC

  • 発売日: 2004/10/28
  • メディア: Video Game
 

 僕が遊んでいたのは、64版とゲームキューブ版です。

 

 マリオテニスで僕はテニスのルールを覚えました。

 

 面白いゲームでした。キャラクターそれぞれにテニススタイルや必殺技があるのがテニスゲームに面白味を加えています。友達や弟妹と楽しく遊べたゲームでした。

 

 ゲームの作曲者はスターオーシャンシリーズやテイルズシリーズなどでお馴染みの桜庭統先生だったと知るのは随分後になってからでした。改めて聴いてみると、桜庭統先生音楽だなーと感じました。

 

 

マリオパーティシリーズ】

スーパー マリオパーティ - Switch

スーパー マリオパーティ - Switch

  • 発売日: 2018/10/05
  • メディア: Video Game
 

 ソフトが多数発売されているロングセラーシリーズです。お馴染みのマリオメンバーが盤上でサイコロを振って進みながら、ミニゲームをして、コインやスターの量を競うスゴロクゲームです。

 

 マリオパーティシリーズはゲームに馴染みのない人でも遊ぶことができるかと思います。例えば、僕の場合は普段ゲームをしないうちのお母さんも遊べていました。超ファミリー向けのゲームであるかと思います。

 

 家族で賑やかに楽しみたい人にお勧めのゲームです。但し、兄弟姉妹と勝ち負けにこだわりすぎて喧嘩しちゃ駄目ですよ。楽しくやらなくちゃ娯楽は意味を成しませんから。

 

 ファミリー層、小さな子供層、ゲームライト層向けの顧客セグメント持てるのも国民的なマリオゲームの素晴らしいところだと思います。

 


ペーパーマリオシリーズ

ペーパーマリオRPG

ペーパーマリオRPG

  • 発売日: 2004/07/22
  • メディア: Video Game
 

 僕が遊んだのはゲームキューブ版の「ペーパーマリオRPG」ですね。

 

ペラペラの紙タイプのマリオのアクションRPGですね。

 

 内容は全然覚えてないけど、面白くって、弟と妹と交代で遊んでそれぞれが全クリしたのを覚えている。

 


マリオゴルフシリーズ】

マリオゴルフ ファミリーツアー

マリオゴルフ ファミリーツアー

  • 発売日: 2003/09/05
  • メディア: Video Game
 

 僕が遊んでいたのは「マリオゴルフ64」と「マリオゴルフ ファミリーツアー」(ゲームキューブ版)でした。

 

 僕は「マリオゴルフシリーズ」を遊ぶことでゴルフのルールや用語を覚えました。

 

 お馴染みのマリオメンバー達がゴルフをするわけだけど、キャラクター選択が重要で、パワー系だけどショットの精度の低いキャラクターを使うのか、はたまた、コントロール系の非力なキャラクターを使うのか、バランスのいいキャラクターを使うのか、打ち方はフェード系なのか、ドロー系なのか、その選択が勝負の行方を左右することが意外にも多いように感じます。

 

そして、OBとかディープラフとか池ポチャとかの絶望を味わったり、イーグルやバーディ取れた高揚感を得たり、紆余曲折を経ながら僕達は18ホールを回って行きます。

 

そこには色んなドラマが生まれるのであった。家族で楽しむことのできるゲームシリーズです。

 


ドクターマリオシリーズ】

 僕が遊んでいたのは、ゲームキューブ版の「NINTENDOパズルコレクションドクターマリオ+ヨッシーのクッキー+パネルでポン」でした。タイトル通り、ドクターマリオヨッシーのクッキーパネルでポンの3つのパネルゲームが収録されています。

 

 マリオシリーズは何でもありますね。このソフトを持っていれば、ゲーム初心者の人とゲームをする時にも遊べるので、重宝するかと思います。

 

 地味に家族や友達と盛り上がれるゲームです。

 


【マリオストライカーズシリーズ】

スーパーマリオストライカーズ

スーパーマリオストライカーズ

  • 発売日: 2006/01/19
  • メディア: Video Game
 

 今度はマリオメンバーがサッカーをするよ。

 

 マリオシリーズはロングセラーが多いけど、ストライカーズは現在2作しか出てないみたいです。僕が遊んだのは、ゲームキューブ版です。

 

 シリーズは続いてなくて隠れているかもしれないけど、このソフトは名作ですよ。所謂、隠れた名作です。

 

 弟や妹とチーム組んで二人で息を合わせて強いCPUチームを撃破していくのが快感だった。

 

 サッカーゲームの醍醐味はやっぱりゴール決めた瞬間ですね。

 

【まとめ】

 以上、僕が遊んだマリオゲームシリーズの思い出語りでした。

 

 ここまで読んでくださってありがとうございました。