昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

多部未華子出演映画3作品感想「あやしい彼女」「君に届け」「日日是好日」

【前置き】

 どうも、虫虎です。多部未華子さん可愛いですよね。今回は多部未華子さんが出演されている映画の感想を書きます。内容は「あやしい彼女」「君に届け」「日日是好日」です。ネタバレありますが、宜しくお願いします。

 

 

【あやしい彼女】

あやしい彼女

あやしい彼女

  • 発売日: 2016/10/05
  • メディア: Prime Video
 

 娘や孫の為に自分の人生を捧げてそのまま老人になってしまったおばあちゃんが若返って青春を謳歌する話。

 

 人生を一度老人まで経験してからの、若返って好きなことをして、恋をして、若い時にできることをするのって、滅茶苦茶楽しんじゃないだろうかと思いました。自分が若い頃とは違う時代を若者として体験できるから楽しそうですね。しかも、人生経験を積んだ状態、つまり、強くてニューゲーム状態、色んなものを引き継いだ2週目状態でいける。

 

 映画内でもおばあちゃんは人生経験を活かして歌で活躍していました。

 

 後は、大胆不敵な性格の多部未華子さんが可愛かったですね。オードリー・ヘプバーン風の髪型、前髪ぱっつんの髪型も素敵です。歌もお上手ですね。

 

 倍賞美津子さんの演技も好きだったなぁ。

 

 若い時にしかできないことは、しっかりやっておきたいものですね。

 

 

君に届け

君に届け

君に届け

  • 発売日: 2019/08/28
  • メディア: Prime Video
 

 人の役に立ちたいと一日一善をモットーとしていた黒沼爽子ちゃん(多部未華子さん)だけど、何故だか「リング」の貞子と間違われることが多くて、周りから恐れられていた。

 

 そんな少女時代を送っていて友達もいなかった彼女が高校に入学し風早くん(三浦春馬さん)に出会った。彼と関わり合いになっていくにつれて、彼女の周りは少しずつ変わっていく。

 

 友達関係や恋愛関係に悩むことになりながらも、思いやりや素直さを持って、ひた向きに立ち向かっていくことになります。

 

 原作漫画の数ある感動的な場面を盛り込む為か、若干のオリジナルストーリーが散りばめられております。二時間の映画の中に僕の好きな場面が沢山あって良かったなーと思いました。女子トイレの場面とかいいですね。

 

 後はピアノのBGMが耳に心地好かったです。

 

 全体的にキャストの皆さん高校生にしては大人びている感じでしたね。

 

 多部未華子さんは、黒髪ぱっつんがお似合いですね。内気で健気な役柄が合っていて可愛いです。桜の木の下の場面での笑顔が超絶可愛かったですね。

 

 

日日是好日

日日是好日

日日是好日

  • 発売日: 2019/04/24
  • メディア: Prime Video
 

 お茶とは何なのか。お茶の作法や空気を観て感じつつ、お茶を通して何を感じたり、学んだりすることができるのかということを伝えてくれる映画ですかね。

 

 実際のところは、自ら体験してみないと、どういう事を感じるのかは分からないけれども、お茶の静謐で厳粛で形式ばった雰囲気は観て感じ取れるのかなと思いました。

 

 「日日是好日」とは、「毎日が素晴らしい」という意味だと思うけど、そこから発展して色んな解釈ができると思います。

 

 自分の感覚をお茶を通して静かな心持ちで過ごし、研ぎ澄ましていけば、季節の移り変わり、雨音や水音、風が身体に触れる感覚、その時々の陽射しから受ける印象の違いなど、目の前に今というこの瞬間を最大限感じて、「あぁ、幸せだなぁ」と思えたり、今日という日を「好日だ」と思えるものかもしれません。そういった感覚を手に入れる手助けをしてくれるのが「お茶」なのかな。

 

 そして、辛い時心を少しでも和らげてくれるという側面も「お茶」にはあるのかなと映画を観て思いました。

 

 多部未華子さん関しては、1990年代の初頭の垢抜けた感じの女の子という役柄もまた可愛かったです。意外とお目にかかれない珍しい役柄なのかなと思いました。

 

 あとは、樹木希林さんの演技が自然すぎて、「あーこういう凄いお婆ちゃんいそうだなー」って思わされたのが凄いなと観ていて感じました。

 

 色んな事に意識を向けてみて自分が感じる感覚を大事にしてみるものいいものですね。

 

 

【まとめ】

 以上、多部未華子さん、出演映画3作品の感想でした。

 

ぱっつんの髪型が可愛らしいですね。

 

 ここまで読んでくださってありがとうございました。