昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

山﨑賢人出演映画3作品感想「キングダム」「斉木楠雄のΨ難」「氷菓」

【前置き】

 どうも、虫虎です。今回は山﨑賢人さんの出演映画3作品の感想を書きます。内容は、「キングダム」「斉木楠雄のΨ難」「氷菓」です。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

 

 

【キングダム】

 漫画「キングダム」の最初から成蟜の反乱終結までのお話です。

 

 信(山﨑賢人さん)たちの剣術戦闘シーンと鬼気迫る演技が迫力あって、魅せられますね。格好良い。

 

 信の負けん気、努力、根性、真っ直ぐさといった己の実力だけで成り上がっていく下剋上が爽快でしたね。うだうだ考えねぇ、遠慮なんかしねぇ、突き進むのみだって感じが気持ちいい。

 

 後は、大沢たかおさんの王騎将軍が漫画と類似していて驚きました。ンフ。

 

 続編が楽しみですね。ンフ。

キングダム(映画)

キングダム(映画)

  • 発売日: 2019/10/09
  • メディア: Prime Video
 

 

斉木楠雄のΨ難

 漫画家麻生周一先生原作の映画ですね。

 

 僕は麻生先生の漫画「ぼくのわたしの勇者学」からのファンなんです。当時、「ぼくのわたしの勇者学」を立ち読みしていた時は面白すぎて笑いをこらえるのが大変でした。勿論、「新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」と「斉木楠雄のΨ難」も同様に面白かったですね。

 

 シュールなギャグと一癖も二癖もあるキャラクターが面白くって笑える。また、ゲーム好きなところが漫画に反映されてるところも僕の心を鷲掴みにしていました。

 

 映画も同様に面白かったですね。改めて、「斉木楠雄のΨ難」の設定の面白さを感じました。映像と音声つきのギャグも紙面とは別の面白さがありますね。個人的には、10kmマラソンのくだりが凄く笑えた。コーンポタージュって(笑)。おしるこって(笑)。

 

 配役も豪華でしかも漫画のキャラクターに合っていて良かったですね。山﨑賢人さん(斉木楠雄)の冷静な突っ込みとか、吉沢亮さん(海藤瞬)の動きとか、賀来賢人さん(窪谷須亜蓮)の演技が素晴らしかったですね。

 

 後は、橋本環奈さん(照橋心美)はどんな顔しても可愛い。どの角度から見ても可愛いのですね。

 

 設定がやっぱり秀逸だし、沢山のキャラクターが出ていたし、それが原作と合っているし、何よりギャグが面白かったしで楽しい映画でした。

斉木楠雄のΨ難

斉木楠雄のΨ難

  • 発売日: 2018/02/27
  • メディア: Prime Video
 

 

 

氷菓

 米澤穂信先生の古典部シリーズの第1作目「氷菓」の実写映画化ですね。

 

 小説の方は僕が10年以上前の高校生の時に読んでいました。とは言っても、覚えているのは「古典部」に入部することになった折木奉太郎というやれやれ系の主人公が学校の謎解きをするという朧気な記憶したなかったので、改めて楽しく謎解きを楽しむことができました。古典部というなんだか分からない部活だけど、皆で集まって学校の謎を解明しようとするのは、なんだか青春を感じましたね。

 

 そして、「氷菓」しか読んだことないから続編も読んでみようと思いました。

 

 省エネルギー系主人公は物語の中でしかあり得ないと思います。普段、面倒事を避けているのに、可愛い美少女に付きまとわれる。そんな格好良いイケメンな状況って現実世界ではなかなかあり得ないと思います。だからこそ、映画の中でそんな妄想を楽しむのもいいものだなぁと思いました。

 

 山﨑賢人さんは綺麗な顔してるなぁと。僕個人の趣向は前髪が目にかかる位の髪型の人に魅力を凄く感じる。綺麗な顔+僕の好きな髪型のコンボだったので、断トツ格好良かったですね。

 

 謎解き、青春、イケメンな状況を楽しむことのできる映画でした。

氷菓

氷菓

  • 発売日: 2018/03/07
  • メディア: Prime Video
 

 

【まとめ】

 以上、山﨑賢人さんの出演映画3作品の感想でした。ここでも読んでくださってありがとうございました。