ランニング好きライトゲーマー虫虎(小説家志望)の日記

ゲーム、ランニング、文章書き、読書、昆虫、子育て、オナ禁、映画、人間関係、音楽、僕が考えていることなどを書いている雑記ブログ

ゲーム禁止という子どもにとって絶望的な言葉

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、子どもとゲームの二つの題材で思い出語りをします。宜しくお願いします。

 


【ゲーム禁止】

ある日の事、うちの娘が出掛ける前に「あつまれ どうぶつの森」で遊んでいて、もう出発しないと間に合わないのにゲームを止められなくてごねてしまいました。そして、お母さんに「ゲーム禁止」の通告を受けたということがありました。(私は仕事でいませんでした)

 

その話を聞いて「ゲーム禁止」って懐かしい言葉の響きだなと私は思いました。

 

私は、ゲーム好きな子どもでしたので、視力か低下した時やお痛が過ぎた時には、私も親からゲーム禁止令を出されていたなと懐かしくて沁々としました。

 


【子どもにとって絶望的な言葉】

大人になった今振り返ってみると、親がゲームを抑制して、勉強や外遊びをするように仕向けてくれたことはよかったなと理解できます。ゲームばかりしていてもいいことないですからね。

 

しかし、子どもからしたら迷惑極まりない言葉だとも思います。

 

この世の中には面白いゲームがたくさんあって、いくら時間があっても足りないくらいです。

 

長時間遊んでいても飽きることのない素晴らしいゲームの禁止令が出たに日は絶望感が半端ないものです。

 

目の前に拾っても何も問題ない10万円があるのに拾っちゃいけないと言われるようなものです。

 

だから、ゲーム好きな子どもにとってゲーム禁止とは絶望な言葉なのです。

 


【私のゲームのできる日】

私の思い出語りになるけど、子どもの頃はゲームできる曜日が決められていました。火土日の晩御飯ができるまでの時間でした。

 

だから、火曜日は学校が終わると寄り道せずに一目散に家に帰ってきて晩御飯までゲームをして遊んでいました。土日は何故か午前中はゲームしちゃいけなかったので、午後から必死になってゲームをしていました。

 

まあ、他の曜日も友達の家でゲームしたり、公園に集まってゲームボーイで遊んだりしてはいたけど、それでもゲームをする時間は貴重な時間でした。

 


【ゲーム好きな親のジレンマ】

ゲームが楽しいのは重々承知しているし、途中で止められないのも良く分かります。しかし、親として子どものゲーム時間をある程度は抑制しないと、勉強やゲーム以外の大切な経験をする時間を損失してしまうことになりかねないです。

 

ゲームの楽しさを知らない親ならそんなものサッと止めて勉強しなさいと言いやすいのかもしれないけど、私はゲームの好きな親なのでやっぱり可哀想だなと思ってしまいます。

 

けど、ゲームの楽しさの代償や毒性も知っている親でもあるので、子どもがゲームにのめり込み過ぎないように誘導することが大切だとも考えてしまいます。

 


【まとめ】

子どもがゲームと上手に付き合えるようにしたいです。例えば、何か頑張った後のご褒美だったり、息抜きとしてのゲームにするとか。

 

自由にゲームをさせ過ぎると貴重な青春時代を棒に振ってしまうし、逆に押さえつけられ過ぎると反動で大学生の独り暮らしをした時にゲーム中毒になる可能性だってあります。

 

子どもの性格や趣味趣向によるところも大きいけど、ゲームとは上手に付き合わなければならないなと思います。それは、大人にも言えることです。

あつまれ どうぶつの森 -Switch

あつまれ どうぶつの森 -Switch

  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: Video Game