昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

オナ禁して自分に厳しく他人に甘くに近づいていこう

【前置き】

どうも、虫虎です。オナ禁すると理性の力が強くなり、節制力が上がる。そして、初期の頃はムラムラが酷くて攻撃性が高くなる場合もあるけど、慣れてくると落ち着いて物怖じしなくなるというような頼りがい力が上がると僕は考えます。すると、次第に自分に厳しく他人に甘くに近づいていくのではないかと僕は思います。その辺りのことについてまとめてみます。宜しくお願いします。

 


【人は四通りに分けれる】

人は四通りに分けれるということで、自分に甘く他人にも甘い人、自分に甘く他人に厳しい人、自分に厳しく他人にも厳しい人、自分に厳しく他人に甘い人と考えられます。四通りのタイプをオナ禁と絡めて考えていってみます。

 


【自分に甘く他人にも甘い人】

僕の偏見による想像では、穏やかで優しくて少しふくよかでおったりしている人という感じです。このタイプは親しみやすくて、接しやすいと思います。オ◯ニーは程々にしている。

 


【自分に甘く他人に厳しい人】

僕の偏見による想像では、オ◯ニーが常習化していてオナ猿という感じです。これは最悪のタイプですね。自分の欲に甘くて、エロ動画で脳が犯されて女性をモノのように考える思考を持ってしまってると僕は妄想します。

 


【自分に厳しく他人にも厳しい人】

僕の偏見による想像では、細身で眼鏡をかけてて能力値が高い人という感じです。他人も自分と同じくらいできて当たり前という思考を持ってる感じかな。オ◯ニーは時々するくらい。

 


【自分に厳しく他人に甘い人】

僕の偏見による想像では、頼りがいのあるお兄さんという感じです。筋トレや食事コントロールができていてがっしりとした体格の僕の理想上の人物です。オナ禁戦士と呼ばれる人です。

 


【僕の勝手な想像です】

人のタイプを四通りになど分けれるわけはないのだけど、オナ禁と絡めて大まかに分けて考察してみました。

 

僕の個人の目指すべきところとしては、自分に厳しく他人に甘い人になりたいなと思っています。他人に厳しくしなくとも信頼されてついてきてもらえるような人間力を手に入れたいものですね。

 


【まとめ】

オナ禁して、自分に厳しく他人に甘い人になろう。

 

ありがとうございました。


f:id:mushitora:20210424083153j:image