昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

エロに思考を支配されないようにすることで脳のメモリーの空き容量を使うことができる

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、エロいことを考えない妄想しない時間を増やしていくことで集中力や記憶力や創造力などの思考力全般を底上げすることができるよという話をしてみます。宜しくお願いします。

 


【止めどなく溢れる妄想】

ストレス発散の方法がオ◯ニーになってしまい、習慣化していると、事ある毎に脳内にエロい妄想が広がると僕は考えます。身体が疲れたときや精神的に辛いことがあったときに、気持ちよさや癒しを求めたり、生命の危機を感じて生殖本能が働きだしたりするかと思います。すると、エロが脳内に侵食し出して思考するときに使う力が減ってしまう。そのため、集中力や記憶力が低下してしまうといった自分の脳味噌の力を十分に使えないという事態になるかと僕は考えます。

 

だから、オナ禁+エロ禁は自分の思考力をちゃんと使えるようにしてくれると僕は考えています。

 


【オ◯ニー以外の楽しみを見つける】

オ◯ニー以外のストレス発散の方法や楽しみを見つけるのが大事であると僕は考えます。

 

僕が思うに、世に言う成功している人は毎日が充実してて忙しくって楽しくってオ◯ニーをする時間が勿体無い、必要性を感じていないという状態である感じがします。そういう状態に素で持っていけるのが理想であるし、それが才能ある人だと感じてしまうわけだけど、そうでもない僕のような凡庸な人物はオナ禁して活力や思考の余裕を得ることで何か熱中できるものを見つけれるのかなと感じます。

 

個人の差はあれども、できる人は好きなことを見つけて熱中することでオ◯ニーを素でしないという状態にもってけるけど、僕のような凡人はまずオナ禁することを目指していかないと思考が散漫になって熱中することを見つけれないのかなと感じました。勿論、全ての人がそうであることはないのだけれども、僕はそう思いました。

 


【まとめ】

兎に角、オ◯ニー習慣をなくすることで、エロに使う脳のメモリーを少なくできて、他の思考に使える力がかなり増えるという話でした。


f:id:mushitora:20210429124411j:image