昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

アドラー心理学「人は変われるのか」

【前置き】

どうも、虫虎です。アドラー心理学の視点から人は変わることができるのかという命題について考えてみます。宜しくお願いします。

 

【人は変わることができる】

アドラー博士は、人は変わることができると提唱しています。過去の経験や今の環境に影響は受けるけれども、実はそれとは関係なしに人は変わることができるといわれている。

 

しかし、人は変わりたいと願いながらも変われずにいる。それは何故かというと、多少の不平不満はあれど、今のままの自分でいた方が安心であるし楽だから、知らず知らずのうち心のどこかで自分自身で変わらないという決断を下してしまっているからです。

 

だから、アドラー心理学的には過去の経験や今の環境に関係なく、人が変わることは可能であります。

 

【変わることで起こる事が恐い】

過去の経験や今の環境に関係なく人は変われるとはいえ、大きな影響は受けてしまっているかと思います。その影響が自分に変わらないという決断を下させている。だから、変わりたくてもブレーキがかかって変われない。

 

暗い世界観の人が急に明るく振る舞おうとした場合、周りからどんな反応があるか分からなくて不安だし、これからの自分の未来がどうなるのかのある程度の予測もつかなくなってしまい恐いという感情が現れます。確かに、いつもの暗い自分として振る舞っていた方が、人からの反応やこれから起こることの予測はしやすくて安心だなと僕も感じます。

 

だから、憧れの未来や理想の自分像をもってはいるんだけど、変化が恐くて変われないというわけです。

 

【厳しさの中に希望が見える】

人は変われるんだけど、過去の経験などに影響を受けて変わらないという決断を下している。

 

変われるのに変わらないでいるのは自分自身の責任なのだと厳しめの事をアドラー博士は仰っています。変われない言い訳するなよと突っぱねられているようだけれども、受け取りかたを変えてみれば、自分はどうにかしたら変わることができるんだという希望を与えてくれているともとれるかと僕は感じます。

 

100%変われない自分に絶望するのではなくて、変わることは自分次第でできるんだと希望を見えるこの価値観がいいなと僕は思いました。

 

【少しずつ変わっていく】

アドラー心理学から、人は変われる、変われないのは本心では恐くて変わりたくないと考えてしまっているからだということを学びました。この価値観や思考法を知っているだけで大きな変化だと僕は思います。

 

そうか、自分は恐怖でブレーキがかかってしまい変われないんだということを理解できたことで変わる準備が一歩進んだと僕は考えます。

 

あとは、本当に自分次第であって恐怖を乗り越えて変わろうという強い意思を使って、変わっていけばいいだけです。

 

恐かったら一気変わる必要はなくて、少しずつでも色んな過去の影響や現在の環境を乗り越えていって良い方向へ変わることを望み、実践していけば、いずれは人として一皮も二皮も向けることとなり、人生はより良いものになる、のではないだろうかと僕は感じました。

 

【まとめ】

人は変われる、ただ、恐くて変わらないという決断を下しているだけだ。その事を知るだけでも変わる準備が一歩進んだという喜ばしい事であると僕は思います。

これまでの人生になにがあったとしても、今後の人生をどう生きるかについてなんの影響もない

(「嫌われる勇気」より)