昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

アドラー心理学「劣等感と劣等コンプレックスについて」

【前置き】

どうも、虫虎です。アドラー心理学にて、「劣等コンプレックス」という言葉が出てきます。今回は、その「劣等コンプレックス」とは何ぞやというところ始まり、僕の思うことを書いてみます。宜しくお願いします。

 

【劣等感と劣等コンプレックス】

アドラー心理学に出てくる単語「劣等コンプレックス」とは何ぞやです。

 

まずは「劣等感」についてまとめてみます。「劣等感」とは、自分が他人と比較して劣っていると感じる感情のことであります。アドラー心理学において、劣等感はそれ自体は悪いものではなく、自分の努力や成長を促すきっかけになり得るものと語られています。確かに、劣等感を感じても、そこからもっと成長したい、強くなりたいと願う感情を抱ければ自分の気持ちや行動はプラスに働くと思います。

 

しかし、その劣等感が変異すると「劣等コンプレックス」になるといいます。「劣等コンプレックス」とは、劣等感を言い訳に使い出して、自分なんて何をやっても駄目なんだと何事からも逃げがちな体質となってしまうことと語られています。

 

まとめると、劣等感は自己成長の原動力になっていいけど、劣等コンプレックスに発展してしまうと劣等感を言い訳に逃げ腰になってしまうということです。

 

【向上心を作る】

人は誰しも劣等感を抱いてしまうものかと僕は感じます。何事においても、上を見上げると凄い人は沢山いる。インターネットを通じてそれを知ることも容易です。色んな可能性の中で、色んな人が色んな分野で成功を収めていることを否が応にも見えてきてしまうまのです。つまり、このご時世はアドラー博士が生きていた時代よりもさらに劣等感を感じやすくなっているのかなと僕は考えます。

 

アドラー博士が提唱するように、そんな劣等感をすぐに感じることができる時代を上手く活用する方法は、自分が目標にすべき人や目指すべき場所にいる人を敢えて見据えて、それを自分の原動力に変えてしまうのが良いですね。

 

あの人のようになれるように頑張ろうとか、あの人も頑張ってるんだから自分もやってやろう、あの人を越えれるように努力しようと、劣等感を上手く使って、自分の中の向上心を上げれると良いと思います。

 

【基本は比べない】

ネットで検索すると凄い人はうようよいます。何も考えずに、「あぁこの人たちは成功してていいなぁ」と眺めていると、「自分なんて………」と劣等コンプレックスに陥ってしまう危険性があるかと感じます。だから、基本的なスタンスは自分は自分、人は人、それぞれに価値があるんだという世界観を持っておいて比べないようにする。

 

そして、自分が目指したい場所にいる人を見つけて、劣等感を作って、それをモチベーションに変換して頑張るときにだけ人と比べるのが良いと僕は考えます。

 

【まとめ】

劣等感から劣等コンプレックスに感情が発展しないように気をつける。そのためには人と自分を比べないことが大事ですね。

 

比べるときは、劣等感を自分の向上心を上げるために使うのが良いという話でした。

劣等コンプレックスとは、自ら劣等感をある種の言い訳に使いはじめた状態のこと

(「嫌われる勇気」より)