昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

【あらすじ】

碇シンジが目を覚ますと、世界は様変わりしていた。ニアサードインパクトが起こり、しかも14年の年日が経っていた。

葛城ミサトや式波・アスカらは反ネルフ組織ヴィレを立ち上げていた。

 

何がどうなっているのか分からないまま、どうすることもできず、碇シンジは世界から一人取り残されていた。

 

【14年後の世界】

まさかの14年後の世界だった。まさかのエヴァンゲリオンパイロットは年を取らなくなるという事実。葛城ミサト達の新たなる反ネルフ組織ヴィレ。エヴァンゲリオンの世界は僕の想像の斜め上をいくものになっていて驚きました。

 

ここからが新劇場版の本当の意味でのオリジナルストーリー突入ということでしょうか。

 

【アスカとマリの躍動感のある戦闘】

まずは序盤の戦闘シーンに魅せられました。14年間戦い続けてたからか、アスカとマリの掛け合いが小気味よく感じました。

 

【冬月さんが渋すぎる】

冬月さんの台詞や出で立ちの全てが渋すぎる。名脇役って感じですね。

「まったく嫌な役だ」

(「冬月コウゾウ台詞」より)

渋いですねー。

 

【気の毒過ぎるシンジくん】

碇シンジくんがただただ気の毒だと感じた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」。

 

綾波レイを助けようとしたことでニアサードインパクトを引き起こして、世界を崩壊へと近づけてしまった張本人となってしまっていました。

 

しかも綾波レイは助けれてなかった、と。

 

そんなことがあり、目を覚ますと、既に皆に嫌われて、恨みをかっている。

 

冬月コウゾウから母がエヴァンゲリオンの核となり死んだことを知らされる。

 

そして、槍を抜くのか抜かないのか極限の選択を強いられる。

 

精神崩壊してもおかしくないくらいに酷いことになってて、気の毒だった。

 

【まとめ】

以上、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の感想でした。

 

続きが楽しみです。