昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

映画「オブリビオン」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、映画「オブリビオン」を観ましたので感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

 

 

【あらすじ】

時は2077年。地球は60年前にエイリアン゛スカヴ゛に侵略されていた。核兵器で応戦しスカヴを退けたが、地球は人が住める地ではなくなった。人類は他の惑星へと避難せざるを得なかった。

 

そんな地球の上空からスカヴの残党をAI無人兵器ドローンを用いて始末する役割をジャックとヴィカの二人が担っていた。ジャックはドローンを整備士、ヴィカは遠隔オペレーター。彼らはこの仕事につく前の記憶を失っている。

 

そんなある日、彼らの元に謎の宇宙船が不時着する。

 

【これぞ映画って感じ】

トム・クルーズというイケメン俳優が世界の謎を解き明かし、派手なアクションで人類を救い、出会った美女とハッピーエンドという展開を2時間という尺の映画にまとめられています。

 

これぞ映画を観てるなって感じになりました。

 

トム・クルーズが格好いい】

トム・クルーズのように歳をとっても格好いい大人って憧れますね。顔はもちろんのことイケメンで、加えて体も鍛え上げられてて男の僕でも素敵だなと思いました。

 

【まさかの展開】

映画の展開も謎が多くて面白く思えました。ジャックの正体、スカヴの正体、汚染地区の正体、テットの正体など解き明かされていく謎に感嘆しました。

 

【二人の美女が可愛い】

オルガ・キュリレンコアンドレア・ライズボローの二人の美女の美しさも見所の一つでした。パラダイスでしたね。

 

【近未来映像】

荒廃した大地と僅かに自生を始めた自然が映像としてあったけど、なんか改めて自然の美しさを感じてしまいました。緑の星地球を荒廃させてはならないなと思いました。

 

【まとめ】

以上、映画「オブリビオン」の感想でした。