昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

映画「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、映画「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」を観ましたので感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

 

 

【あらすじ】

専務になるはずだったお父さんが突然仕事を辞めてしまった。息子のアキオは退職の理由を全く語らないお父さんとコミュニケーションを取るためにファイナルファンタジー14のオンラインゲームを勧めてみることにした。

 

そして、お父さんには内緒でオンライン上で接触を試みるのだった。

 

【ゲームの良いところに焦点を当てた映画】

ゲームのいいところを活かして物語を進めてる映画だなーと感じました。

 

映画内では、ゲームを通して親子の会話が増えたり、好きな人に近づけたり、オンライン上でフレンドに本音を喋れたり、そこが自分のもう一つの居場所になったりもしてました。

 

この映画は、ゲームそれ自体が楽しい事以外にもゲームの良さがあることを存分に伝えてくれてました。オンラインゲームが凄く景色が綺麗なデートスポットになるってことも語られてましたね。

 

勿論、現実のオンラインゲームには色々とデメリットもあるだろうけど、こんなゲームの良い面を伝えてくれる映画って素敵だなと感じました。

 

【キャストについて】

アキオ役の坂口健太郎さんはゲームが似合う髪型と顔してるなと思いました。主張しすぎない控えめではあるけど、イケメンなところが好きになりました。

 

お父さん役の吉田鋼太郎さんは無口な役柄が似合うなぁと面白く思いました。無口だけど、ゲーム内でははっちゃけてるギャップが面白かったですね。

 

ファイナルファンタジー14やってみたくなった】

ファイナルファンタジー14をやってみたくなりました。オンラインでフレンド作ってキーボードで会話しながらゲームってやったことないんですけど、この映画観てるとオンラインゲームを遊んでみたくなりました。

 

【ゲームはいいコミュニケーションツール】

映画を観ててゲームはいいコミュニケーションツールだと改めて思いました。

 

僕は子どもの頃には親子でスーパーファミコンしてましたし、通信ケーブルを公園に持ってって友達とポケモンしてましたし、友人の家に集まってスマブラやモンハンしてました。

 

ゲームは僕にとってコミュニケーションツールだったけど、この映画を観て、改めてゲームの良い面を確認できてよかったなと感じました。

 

【オンラインゲームのデメリット】

勿論、オンラインゲームにもデメリットはあるかと思います。

 

長時間プレイが必須で寝不足になるとか、オンラインだからと遠慮がなくなるとか、飽きたら突然消えてしまうとか、やったことないけど、そういうデメリットがあるかなと想像できました。

 

オンラインゲームは良い面と悪い面を把握して遊ぶのがいいかなと思います。

 

【まとめ】

以上、「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の感想でした。