昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

貨幣状湿疹治療日誌〜脱ステロイドすれば治るというわけでもない〜

【前置き】

どうも、虫虎です。貨幣状湿疹を語る第18回目です。今回は、貨幣状湿疹は脱ステロイドすれば治るというわけではないということを語ります。宜しくお願いします。

 

【脱ステしても治らない】

僕は、貨幣状湿疹を治そうとしていたときに脱ステロイド療法に出会いました。結構最近までは、脱ステロイド、脱保湿して放っておけば毒素が抜けていっていずれ治るだろうという解釈をしてました。

 

しかし、脱ステロイドを4年して僕は気がつきました。

 

これは、脱ステロイドして放っといて治るもんでもないな、と。

 

ステロイド外用薬に依存していた皮膚の萎縮等は通常状態に戻るけど、貨幣状湿疹根本が治るわけではない。

 

やっと、RPGゲームでいうところのラスボス「貨幣状湿疹」の前にやっと辿り着いた状態となるのかなと思います。

 

そこから、体質改善や良質な生活習慣を継続していって倒さなければなりません。

 

【湿疹を出さない習慣作り】

ステロイドした後、ここからが本番だ、俺たちの戦いはこれからだ的なことになります。

 

ステロイド外用薬を使ってない状態に戻ってからの貨幣状湿疹との戦いです。今のところは試してませんが、ステロイドがまた効きやすくなってるかもしれません。上手く使って一気に倒すこともできるのかもしれません。

 

しかし、それよりも「湿疹を今後出さないような習慣作り」がより大切になってくると考えます。

 

食事、栄養、運動、睡眠、入浴、日光浴、ストレスとの付き合い方などを今までの経験から自分の皮膚にとってより良いものへとカスタマイズする。

 

今後は湿疹の出にくい、出てきたとしてもすぐに撃退できる皮膚の再生力を生活習慣で作っていくことが大切になります。

 

【我慢ではなく習慣へ】

例えば、食生活をいいものにする。それを我慢だと感じていれば、続けられません。勿論、最初は我慢の連続だけど次第に習慣化していく必要があります。

 

始めは我慢してお酒を飲んでなかったけど、甘いものを食べてなかったけど、1年後にはそれを摂らないのが普通になっているみたいな。始めは運動もやるのがしんどかったけど、今ではやらないと気持ち悪いみたいな。

 

そういう貨幣状湿疹を患わない土台となる習慣を作ることが凄く大切になってくると考えます。

 

【まとめ】

貨幣状湿疹は、脱ステロイドしても治らないのだから、ちゃんと生活習慣を皮膚にとっていいものに落とし込もうという話でした。


f:id:mushitora:20220724190211j:image