昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

好きなマンガ紹介「HUNTER×HUNTER」

HUNTER×HUNTER

少年マンガの面白さが濃縮してます。

 

まずは作り込まれた物語です。ハンター試験編で展開の面白さやキャラクターたちの魅力により「HUNTER×HUNTER」の世界観へ引きずり込まれ、天空闘技場編で念能力の設定の秀逸さに感嘆し、幻影旅団編でクラピカと旅団メンバーが好きになり、グリードアイランド編で念能力とスキルカードの作り込まれた設定の組み合わせを使った複雑な展開に魅了され、キメラアント編でネテロ会長の感謝の正拳突きに驚愕、メルエムに感情移入していきます。

 

そして、冨樫先生、暗黒大陸編をお待ちしています。

 

念能力の設定が面白いですよね。少年バトル漫画に登場する能力の説明ができてしまいますね。強化系は悟空の界王拳みたいに肉体の能力を高めて戦い、具現化系はシャーマンキングの方々みたいに武器を作り出して戦い、放出系はかめはめ波や火遁豪火球みたいにエネルギーを放出して戦い、操作系はクロコダイルみたいに砂を操って戦い、変化系はダイのギガブレイクみたいに武器に電気宿して戦うのかなと、色々考えられて楽しいです。

 

また、衝撃的な展開が多いのも「HUNTER×HUNTER」の魅力です。序盤キルアが一瞬で敵の心臓を取り出したり、カイトが瞬殺されたり、ゴンが一瞬で大人になったり、ネテロ会長の修行だったりと読んでて「へっ!?」と驚く展開が多かったです。

 

好きなキャラクターは、ゴンやキルアは勿論のこと、クラピカ、レオリオ、ポックル、旅団メンバー、ビスケ、ヒソカ、ネテロ会長辺りが好きですね。

 

「なぜだ!?事実だぜ 金がありゃオレの友達は死ななかった」

(「HUNTER×HUNTER レオリオセリフ」より)