ランニング好きライトゲーマー虫虎(小説家志望)の日記

ゲーム、ランニング、文章書き、読書、昆虫、子育て、オナ禁、映画、人間関係、音楽、僕が考えていることなどを書いている雑記ブログ

ガネーシャの課題「自分が一番得意なことを人に聞く」

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、「夢をかなえるゾウ」のガネーシャの課題「自分が一番得意なことを人に聞く」について復習します。よろしくお願いします。

 

 

【自分を知る】

自分のことを知る方法の一つとして、「人に自分のことを聞く」があります。

 

人に聞くことで自分では気づかなかった自分の一面を知ることができたりします。

 

自分の中では普通と思っていたことで、他者からすると凄いことだってあるかもしれません。例えば、読書が好きで、毎日3時間、本を読んでいるのが普通だと思っていても、読めない人からしたら凄いことになります。

 

そんなふうに自分の得意なことを聞いてみるのはいい手だと思いました。

 

【聞きにくい問題】

とはいえ、自分の得意なことを聞くのって恥ずかしいです。

 

聞いたら答えてくれるのだろうけど、ちょっと恥ずかしい。なんか私を褒めてくれと懇願しているみたいで。

 

でも、聞かないことには気づきは得られないので聞きやすい人に聞くことにします。

 

【過去の会話を思い出してみる】

聞くタイミングを窺う間、過去の会話を思い出してみるのも一つの手かなと私は思いました。

 

過去の会話の中で、私はどんなことを褒められたか、得意と言われたのかを思い出してみる。それも立派な気づきになると考えます。

 

私の場合は、優しいとか落ち着いている、真面目なんかは人によく言われるし、自分でも認識している得意な部分です。意外だったのは、図太いとか根性あるということも言われたことあるなと思い出しました。

 

自分が言われて意外だなと感じることを人から聞けると気づきになると思います。

 

「コミュニケーションが苦手だけど、それが逆に僕の長所でもあるということなのだろうか。それはちょっとうれしい話だなと思った」

(夢をかなえるゾウ」より)


【まとめ】

人に得意なことを聞いてみます。

 

「強みの上に築け」て。自分の得意なことを徹底的に伸ばしていくんが成功につながるっちゅう意味や

(「夢をかなえるゾウ」より)