ランニング好きライトゲーマー虫虎(小説家志望)の日記

ゲーム、ランニング、文章書き、読書、昆虫、子育て、オナ禁、映画、人間関係、音楽、僕が考えていることなどを書いている雑記ブログ

名言「自分が行動したことすべては取るに足らないことかもしれない。しかし、行動したというそのことが重要なのである」

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、マハトマ・ガンジーの名言について語ります。宜しくお願い致します。

 

【名言】

自分が行動したことすべては取るに足らないことかもしれない。しかし、行動したというそのことが重要なのである

 

Byマハトマ・ガンジー

 

【インドの父】

ガンジーは、南アフリカで差別を受けているインド人を救ったり、イギリスからインド独立の道を切り開きました。

 

たった一人で地上最大の武力(イギリス軍)を退けたなんて言われることもある偉大な人物です。

 

武力に対して、非暴力不服従という行為にて対応しました。ダラーサナ製塩所のデモ行進では、棍棒で滅多打ちにされても、決してやり返しませんでした。

 

武力に対しては武力が一番有効なのかもしれません。けど、自分の身を削って非暴力を貫くことで、道を切り開くことが過去にはできていました。

 

マハトマ・ガンジーは、本当に偉大な人物です。

 

そんな彼の名言について考えてみます。

 

【行動の効果】

何か行動を起こしても、結果がついてこないことは多々あります。

 

試験勉強をしても合格しなかった。練習を頑張っても試合に勝てなかった。非暴力不服従を貫いても投獄された。

 

行動が起こす結果って取るに足らないものが多いのかもしれません。

 

でも、ガンジーは言います。

 

その行動を起こした意思や意識が大事なのだ、と。

 

確かにそうだと思いました。

 

目に見える結果はないかもしれないけど、行動を起こしたことに価値があります。

 

試験を受けようと勉強したこと、試合に勝とうと練習に励んだこと。やってやろうと、行動を起こしたことが大事になります。

 

それがいつしか、ガンジーの行動のように世界を揺るがすような大きな結果を招くことにつながるのかもしれません。

 

【まとめ】

ガンジーは、行動を積み重ねて積み重ねていったのでしょう。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。