昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

ゲーム「サガフロンティア〜エミリア編〜」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。ゲーム「サガフロンティア」を主人公エミリアでクリアしましたので、感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

 

 

【あらすじ】

エミリアは、喧嘩したフィアンセのレンと仲直りしようと家路へ帰る。しかし、レンは何者かに殺されていた。そして、エミリアはそのまま投獄されてしまう。

 

エミリアは、グラディウスのメンバーの協力の下に脱獄に成功して、レンの死の理由を探るべく、超古代兵器「キューブ」を探すジョーカーと名乗る謎の男の影を追うことになるのだった。

 

エミリア編〜僕の軌跡〜】

サガフロンティアは自由度の高いゲームなので、自分が歩んだ軌跡をまとめてみます。

 

まず、僕はサガフロンティアは初心者です。事前に調べてみると、初心者はエミリアだと迷わないらしいので、エミリアを主人公に選びました。

 

ストーリーの進行はルーファスに話しかけるとどんどん進んでいくので分かりやすかったですね。

 

少しだけ寄り道しつつ、とりあえず最終決戦前まで辿り着きました。

 

そこから、最終メンバーを決めてじっくりとイベントこなしながら修行しました。

 

済王の草薙の剣を入手、印術の資質を体得、陽術・心術を体得イベントをこなしつつ、好きなように町を回ってました。それで結構強くなったかなと思ったので、ラスボス「ディーヴァ」に挑んでみると、ギリギリだったけど勝てました。

 

ちょうど10時間くらいでクリアできました。

 

【ハッピーエンド】

フリーシナリオなので、メインシナリオはコンパクトになってますね。でも、短いながらも良かったなーと感じました。

 

シナリオを通してエミリアが好きになりました。仮面武闘会を仮面舞踏会と間違えたり、色仕掛作戦決行したり、コスチューム変えて戦闘に参加したりと、トップモデルで美しいながらも明るいところがいいなって思いました。

 

ラストは、実はキューブという謎物質を探す仮面の魔力に体を乗っ取られていたレンをその仮面を撃ち抜くことで救ってハッピーエンド。

 

【カオスな世界観】

サガフロンティアの世界は宇宙船に乗って他の惑星(リージョン)に行くイメージでしょうか。

 

行く先々の惑星の世界観の差異が凄すぎて探索が楽しかったです。ただ、サガフロンティア初心者なので探索の際に戦闘しすぎて敵が強くなりすぎたり、取り返しのつかないことをしてしまいそうな危惧を抱えながら遊んでました。

 

また、同じ世界でも主人公が違えばまた見え方変わるんだろうなと次回遊ぶのが楽しみになりました。

 

【仲間考察】

エミリア

エミリアは、コスチュームによって技の閃き率が変わるようですね。初めはピンクタイガーで体術使ってたのですが、リーサルコマンドーに着替えれるようになると本来使うべきであろう銃を使いました。強くなったなと感じたのは、リーサルドラグーン買って、2丁拳銃を覚えてからでした。跳弾、全体射撃、十字砲火などをよく使ってました。

 

『ライザ』

体術使い。女性キャラで体術使うのって、魅力的でしたね。髪型などのフォルムや会話の感じも個人的には一番好きでした。どつきまわす、爆裂鉄拳など強かったですね。

 

『アニー』

剣士。済王の古墳で草薙の剣を手に入れてから、うちのチームの最強アタッカーになりました。払車剣、ベアクラッシュ、ロザリオインペールなどが強かったです。

 

『ゾズマ』

妖具で技を吸収して戦う妖魔ですかね。性格の背景などはあまり分かりませんでしたが、格好よかったので使ってました。

 

白薔薇

こちらも妖魔ですね。白薔薇ちゃんは回復役になってもらいました。スターライトヒールや各種回復アイテム、ユニコーンの回復技を使ってました。戦闘中の術の唱え方が可愛かったです。

 

あとは、連携ですね。皆で連携が発動するとテンション上がりました。

 

【まとめ】

以上、「サガフロンティアエミリア編〜」の感想でした。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。