昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

映画「ショーシャンクの空に」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、映画「ショーシャンクの空に」の感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願い致します。

 

 

【あらすじ】

優秀な銀行員アンディは妻殺しの罪を着せられ、ショーシャンク刑務所に投獄された。刑務所内でアンディは囚人たちとどう関わっていくのか。

 

【名作映画】

久しぶりに観て泣きました。改めて素晴らしい映画だぁと思いました。

 

賢いアンディが刑務所の中で活躍して状況を少しでも明るくしていこうとする展開に心躍りますね。

 

そして、最後の大脱走劇によって手に入る「自由」の素晴らしさを映画を通して体験できました。また、作中に起こる様々な出来事には本当に色々も考えさせられます。

 

ブルックスここにありき】

投獄された当初は早く出ていきたいと誰もが願う。しかし、何十年もの間、刑務所に箱詰めにされると、塀の外へ出ていくのが怖くなる。住めば都、劣悪な環境であっても住み続けることでそこでの暮らしに慣れてしまうものなのかもしれない。たとえ、そこが人権も無視されるような刑務所であったとしても……。その感覚って怖いなーと思いました。

 

辛いところにいたとしても、そこからよりよいところへ移り住みにいくのも精神力がいるのでしょう。

 

モーガン・フリーマン迫真の演技】

調達屋レッド役のモーガン・フリーマンの演技が素晴らしいですね。仕草や表情から刑務所慣れしていく雰囲気が感じ取れます。物語終盤の面接では、もう刑務所の中でも外でもどっちでもいいという境地に達してしまいます。そのシーンがとても印象的でした。親友アンディを観察者として、接したり話したりする演技も味や渋みがあっていいですね。

 

【鬼才アンディ】

ショーシャンクの空に」の展開を盛り上げるにはアンディの活躍が必須です。

 

刑務所内で交渉によりビールを手に入れたり、図書室を増設したり、税理士として働いたりして物語を面白くしてくれます。なにより、伏線回収しながらの最後の大脱走は盛り上がりますね。

 

そんなアンディも反省します。実際に手を下したわけではないけど、自分の言動が妻を死に追いやったと悔やみます。刑務所に20年も入れられる罪は犯してないけど、アンディが自分を振り返り反省するシーンも考えさせられますね。

 

人は皆、時折にでも自分の行動を振り返ってみて反省する必要があるのかもしれません。

 

【まとめ】

ショーシャンク刑務所を出たアンディとレッドの清々しい顔を見ていると、「自由であること」の素晴らしさを痛烈に感じます。実際は、自由であることを楽しむのもそれなりに難しいのかもしれないけど、それでも「自由」はいいなと思える映画です。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

くりぃむしちゅーのANN第93回感想

【前置き】

どうも、虫虎です。くりぃむしちゅーのオールナイトニッポンの第93回に行われた貧乏自慢選手権の感想を書きます。麒麟のお二人をゲストに呼んでリスナーから電話で貧乏自慢を聞いた回ですね。宜しくお願い致します。

 

 

【4人のリスナー】

番組内で4人のリスナーが電話で貧乏自慢しました。

 

浪人生でTシャツ買うお金もないとか、大家族のため高校の授業料が払えないとか、1人で上京して生活に困窮しているとか、家族離散状態で母は酒に溺れてて電気も止められたとか、想像するだけでも心苦しいエピソードでした。

 

お笑い芸人のラジオ番組なので面白可笑しくしようとはしてたけど、内容はどうしても深刻になってました。

 

【今の状況に感謝する】

放送を聞いてて自分の今の状況に感謝しなければならないなと思わされました。お金に不自由なく学校に通わさせてもらえたのは有り難いことなんだと改めて実感しました。

 

自分よりもお金に恵まれていない人の話を聞いて安心するのはどうかと思うけど、自分の状況に感謝の念を持つことは大事かなと思いました。

 

【手持ちのカードでなんとかするしかない】

現状を嘆いているだけでは状況は変わりません。

 

結局のところ、今の状況でできる最善の一手を探すしかないです。

 

ラジオの貧乏自慢選手権に応募して上田さんから1万円を貰うのも1つの行動だし、割の良いバイト探したり、気持ちをプラスの状態になんとか保つ努力なんかも必要なんだと思います。

 

状況に流されているだけでは何も変わらないです。打破する行動を自ら起こさなければなりません。

 

何年も前の放送だけど彼ら彼女らには頑張ってほしいなと思いました。

 

【まとめ】

優勝は1人のはずなのに、最後麒麟の田村さんが4人のリスナーの内、3人を優勝にしてくれたのが良かったです。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

褒められても調子に乗ってはいけない

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、褒められても調子に乗ってはいけないよという話をします。宜しくお願い致します。

 

【何故か】

何故褒められても調子に乗ってはいけないのでしょうか。

 

それは、褒めてくる人の意図が他者の操作する場合が多いからです。

 

例えば、会社の上司が「君はよくやっているよ」と部下に言ったとします。それは単純に仕事ぶりに対して敬意を払ってくれている以上に部下を操作したいという感情が隠れている場合が多いと考えます。部下を褒めて、喜んでもらって、これからさらに「私に貢献してくれ給え」という意図があると考えられます。

 

すると、部下はなんとなく次もこの人の期待に応えようという気持ちになるものです。褒めるということにはそういう心理作用もあります。

 

だからこそ、褒められたとき、手放しに喜んで調子に乗らないほうがいいと僕は言いたいです。

 

【褒められたときの心持ちは?】

親が子を褒めるときも同じです。言外に少なからず「引き続きいい子に振る舞ってくれ」とか「次の大会もいい結果を期待してるよ」というような圧力がかかってきます。

 

子どもは親の期待に応えようと頑張ってくれるでしょう。それはいいことなんだけど、できれば子どもには親に褒めてもらいたいからという理由ではなく自発的に目標を持って頑張ってもらいたいものです。

 

それはさておき、誰かに褒められたときはどんな心持ちでいればいいのでしょうか。僕が考えることをまとめてみます。

 

まず、手放しで喜ばないこと。次に褒めてくる相手は僕に何を期待してるのか思考を巡らせてみること。そして、褒めてくるということは他者は喜んでくれてるのだからいいことしたなと自分で自分を褒めてあげること。最後に、褒めてくれた他者に「ありがとうございます」とお礼を言うこと。

 

褒められるとどうしても舞い上がってしまうものだけど、そこで冷静さを保てるかって凄く大事なことだと思います。

 

【褒めてはいけない】

アドラー博士は「他者を褒めてはいけない」と仰ります。

 

何故なら、褒めるという行為は上の者が下の者に下す評価という行為であるから。評価を下すということはそこに上下関係があります。その上下関係をアドラー博士は否定しています。人間は本来、横の関係を結ぶ方がいい。その方が人間関係は上手くいき、自分も生きやすくなると仰ります。

 

部下や子どもを褒めるのではなく、感謝したり、嬉しい気持ちなどプラスの感情を伝えるほうがいいです。「やってくれてありがとう、助かったよ」とか「頑張ってる姿を見て嬉しい気持ちになったよ」とか。

 

褒めるという技術を使うと他者を上手く操作できるかもしれない。でも、それは本当にいい関係性とは言えないですよね。

 

だから、褒めないで縦の関係よりも横の関係を築きたいものです。

 

【まとめ】

褒めるということは他者を操作しようという意図が少なからず介入してるし、上からの物言いになります。褒めるという行為は一見いいことに思えるけど、乱用はよろしくないと僕は考えます。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。


f:id:mushitora:20230124054610j:image

小説「指輪物語3 旅の仲間 下1」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、トールキン先生の「指輪物語3 旅の仲間 下1」の感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願い致します。

指輪物語 旅の仲間3】

【概要】

 前半部は指輪の歴史の説明、後半部は新たな頼もしい仲間たちとの冒険という3巻です。

 

【本格冒険の始まり】

脅威的な自然や坑道を冒険する描写に胸が踊る体験ができます。文章の世界を頭の中で想像して映像に膨らませながら読むのが楽しいですね。

 

【イムラドリスの強壮飲料】

 エルフのエルロンドから貰ったイムラドリスの強壮飲料。これを飲むと、驚異的に気力と体力が回復する。こういうアイテムは冒険してる感があって好きですね。不思議なアイテムも冒険の醍醐味ですね。

 

ミスリル

それからミスリルって言葉は指輪物語からきたことを知りました。後のゲームの世界へ多大な影響を与えてて改めて凄い小説だと感嘆します。

 

【まとめ】

いやはや、面白い小説ですね。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

喋るの苦手だから書くのが好き

【前置き】

どうも、虫虎です。定期的に弊ブログについて考えるシリーズです。宜しくお願い致します。

 

【現状】

1050記事以上で月間500〜800PV辺りをうろうろです。記事数を増やせば、それに比例してPV数が増えるわけでもないことが判明しつつある今日この頃です。

 

【喋るの苦手だから書くのが好き】

僕がブログや日記、小説を書くのが好きになったのは喋るのが苦手だからなんだろうなと思うようになりました。

 

気い遣いの性格から日常生活の会話では思ってることの半分も伝えれていないから、その反動で感情を吐き出すために書いているのかなと分析してます。昔はただ頭の中でずっともやもやさせたままでいたけど、書いて吐き出す習慣を持つことで自分の心が安定しているなと体感してます。上手に喋って吐き出せる人は必要ないかもしれないけど、僕には書いて吐き出す作業が必要なんだとブログを書き始めて気がつきました。

 

小説家が登壇して喋るようになると書くことができなくなるという話を聞いたことがあります。それと同じで僕が日常生活で上手く会話できるようになれば、書く必要がなくなるのかもしれません。

 

話し上手になるのは僕の切なる願いではあるけど、書く楽しみが減るのは嫌だなとも思いました。

 

最近は、喋りが上手くなる見込みがないのもあるけど、そのまま喋るの苦手でもいいのかなと思うようになってきました。

 

だって、書くのが楽しめるから。

 

勿論、これからも喋りが上手くなるように努力はするだろうけど、結果でなくてもその分書くことが楽しめるからいいのかなと思うようになりました。

 

面白いこと、気の利いたこと言えなくてもはっきり聞き取りやすい声で誠実に丁寧に話したらいいのかな。

 

そんなことを思いました。

 

【まとめ】

喋るの苦手だから書くのが好きになったことに気がついたという話でした。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

人間は弱いものだ。だが、弱いことを知っていれば、恐れることは何もない

(「人生に成功をもたらす日記の魔術」より)

忙しいお金持ちと自由な貧乏人だったらどちらがいいか

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、「忙しいお金持ちと自由な貧乏人だったらどちらがいいか」という命題について思考を巡らせてみます。宜しくお願い致します。

 

【命題説明】

収入は多いけど年がら年中仕事が忙しいのと、お金はないけど自由時間は多いのではどちらがいいですか。少し言い換えると、仕事のプレッシャーに晒されて自由時間も少ないけどお金はいっぱいあるのと、仕事にやり甲斐なく尊敬も感謝も少ないけど自由時間はいっぱいあるのではどちらがいいですか。

 

まとめると、忙しいお金持ちと自由な貧乏人どちらがいいですかということです。

 

【答えはその人の感じ方次第】

命題を長々書きましたが、答えはその人の感じ方次第ですよね。

 

仕事をやり甲斐持ってバリバリしてる方が幸福な人もいれば、仕事は程々でいいから心のゆとりが欲しい人もいます。どっちがいいかは、人それぞれです。

 

勿論、他にも選択肢はあります。お金をたくさん持ってて自由な時間もある状態。また、貧乏暇なしという言葉のようにお金と時間のどっちも逼迫している状態。その匙加減は多種多様にあります。

 

しかし、多くの人は程度の差はあれど仕事を忙しくしてお金を得るか、仕事減らして時間を得るかの選択に迫られる場合がほとんどなのではないでしょうか。

 

仕事のやり甲斐と自由時間とお金のどの割合が幸せかを決めるのは自分の心です。

 

【私はどうか考えてみる】

皆さんはどう考えますか。

 

僕はお金は少なくていいから仕事のプレッシャーから離れたいなと考えています。仕事のやり甲斐も特に欲してないです。でも、お金をある程度は稼いで子どもにはいい教育を受けさせてあげたいなと思ってます。

 

となると、自分のブランド物、高級食品、高級車、豪華な旅行は諦めなければなりません。

 

僕自身は、軽自動車乗って、古本屋で100円の文庫本や中古のゲーム買って遊ばなければなりません。安くできる趣味を見つけなければなりません。無料ブログやランニング、散歩(できれば登山)などお金のかからないことで楽しめるようにならなければなりません。

 

余程、親が大金持ちとか自分が何かしらの才能を持ってるとかでない限りは、何を捨てて何を得るかを取捨選択しなければならないです。

 

僕の場合、仕事のやり甲斐やお金を諦めて少ないお金で楽しむことを優先したいなと思いました。

 

【まとめ】

忙しいお金持ちと自由な貧乏人どちらがいいかという命題から自分の考えをまとめてみました。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

「どうすれば自分が幸せか?」は、他の誰でもなく、自分自身が知っていることじゃないかな

(「年収90万円でハッピーライフ」より)

 

 

仕事に関して思うこと〜あの人がいなくても会社って回っていく〜

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、会社って自分がいなくても普通に回っていくもんだよねって話をします。宜しくお願い致します。

 

コロナウイルス長期休暇】

コロナウイルスに発症又は発症者と濃厚接触すると、以前は1週間以上自宅待機でした。現在でも5日以上待機期間が設けられている会社が多いのではないでしょうか。

 

ここ数年の間、僕の勤めている会社でも発症者や濃厚接触者は大勢いました。多くの人が5日以上の療養期間に入りました。

 

【それでも会社は回っていく】

色んなポジションの人が自宅待機になりました。しかし、その間なんだかんだで会社は回っていきます。若い社員が休んでも、中堅社員が休んでも、役職ついた方が休んでも会社は回っていきました。

 

誰かが休んで会社の首が本当に回らなくなることもあるのだろうけど、意外と誰が休んでも会社って回っていくなという印象を僕は持ちました。勿論、残された人は大変だとは思います。

 

俺が休んだらここは回らなくなんぜ的なオーラを出して仕事してる人がコロナウイルスにかかっても会社は回っていきました。この会議は俺がいないと駄目なんだって言ってる人がいなくても、いないならいないで進んでいくみたいなものなのかなという印象を僕は持ちました。

 

【どこまでいっても歯車の1つ】

結局、勤め人仕事はどこまでいっても何かの歯車なのかなと感じます。

 

もし長期で休んでも無理矢理にでも周りがフォローしてくれる。会社の自力もあるけど、そういう場合が多いような気がします。

 

ちょっと会社で頑張ってるくらいでは、代替可能な兵卒からは抜け出せないという実感を持ちました。

 

そう考えてしまうと、寂しさはあるけど気が楽ではありますね。

 

【自分の商品を持つ】

唯一無二の存在になりたければ、会社で旗を揚げるよりも自分にしかできないことを見つける必要があります。会社という土台の上で頑張ってやってても代わりのソルジャーはうようよいます。

 

そうではなくて、自分の頭で1から考えて生み出した商品や作品を持たなければ唯一無二の存在にはなれません。

 

例えば、伝統工芸家プロスポーツ選手、芸能人、小説家などは代わりがいないわけではないけど全く同じクオリティを出せる人は少ないでしょう。

 

会社で頑張ることも大事だけど、自分にしかできないことを探すほうがもっと大事なことなのかもしれないです。

 

【まとめ】

コロナウイルス流行から会社のことについて考えてみました。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。


f:id:mushitora:20230121082159j:image