昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

映画「インターステラー」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、映画「インターステラー」を視聴しましたので感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

 

 

【あらすじ】

地球が終わってしまう。人類が文明を発展させ続けた代償を支払うときが遂にやってきた。地球に恵みの雨はもう降ることはなく、砂嵐が巻き起こり続ける。テレビや飛行機なんかじゃなくて最初に不足したのは食糧だった。そして、酸素。植物が疫病で枯れ続けていくと大気中の酸素はどんどん減っていく。飢饉と窒息死が人類に襲いかかる。

 

そんな人類滅亡のカウントダウンが始まっていたとき、NASAは秘密裏に計画を練っていた。人類が住めそうな惑星を探して移住しようというのだ。そして、遂に候補となる惑星がいくつか見つかる。

 

果たして人類の行く末はどうなるのか。

 

【現実味のあるSF映画

サイエンス・フィクション映画なんだけど、現実味があって惹かれました。地球の未来ってもしかしたらこんな感じなのかもしれないとわくわくしながら観てました。

 

【時間の概念】

映画内での宇宙空間での時間の概念が興味深かったです。そもそも時間というのは人間が勝手に作り出したルールであるから、元々存在している事柄ではないですよね。

 

あの惑星での1時間は地球の24年にあたるとかいう時の流れの違いが面白く僕にとって思われました。主人公クーパー達の宇宙飛行士の立場に自分が立ったら絶対に感覚分からなくなって頭がついていかなくなると思います。

 

【辿り着く惑星が魅力的】

宇宙にはどんな惑星があってどんな形状をしているのだろうかという楽しい妄想を掻き立ててくれる惑星映像に胸が踊りました。映像化されてた惑星は何もないところなんだけど、僕にとっては凄く魅力的に映りました。

 

【宇宙との繋がりが絶妙】

インターステラー」は地球と宇宙が舞台になっていますが、その2つの空間が繋がる瞬間が良かったですね。長い長い時間軸の中で繋がる場面が素敵だなと思いました。5次元とかわくわくしますね。

 

【ラスト】

あとは、愛で動くんじゃなくて理性的に動けと言いつつも、最後は愛に救われる展開に救われました。愛ってなんか凄い力があるものなのかもしれないですね。

 

【まとめ】

以上、「インターステラー」の感想でした。

映画「クレヨンしんちゃん もののけニンジャ忍者珍風伝」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。先日、映画「クレヨンしんちゃん もののけニンジャ忍者珍風伝」を観に行きましたので感想を書きます。ネタバレありますのでご注意ください。宜しくお願いします。

 

 

 

【あらすじ】

世の中には知られていない忍者の里がある。人里離れたその場所に忍術を扱う忍者達が忍び暮らしていた。

 

地球の内部には、自然を活かしたり、地上の安定を保つニントルというエネルギーが入っている。その昔、地上に深い穴が空いてしまい、ニントルが漏れ出してしまうという事件が起こった。その時、その穴を塞いだのが忍者の里の祖先であった。

 

そして、現代。人の欲によってその昔に塞いだ穴からニントルが再び漏れ出そうとしている。

 

野原一家とかすかべ防衛隊、屁祖隠珍蔵、屁祖隠ちよめはニントルの放出を抑えることができるのか。

 

【涙あり笑いありのいい映画】

クレヨンしんちゃん映画は笑いと感動どちらもあるいい作品が多いです。映画毎に笑いと感動の割合が違っているけど、今回は笑い60%感動40%くらいだったかと僕は感じました。

 

しんちゃんが生まれた頃の回想シーンやしんちゃんが家族恋しくなって涙する子どもらしいところに感動しつつ、ひろしの靴下攻撃やふたば幼稚園メンバーの掛け合いなどの往年のギャグに笑えました。

 

涙と笑いのバランスよくていい映画だなと思いました。

 

【資源を独り占めすると皆に迷惑がかかる】

映画内では、ザ・悪者の雰囲気の忍者の里の長老がニントルを封じている金塊を削り出し、私利私欲のために使います。そのため、地球は崩壊しそうになります。

 

誰か一人が私欲がために有限な資源を独り占めしだすと、周りの人が迷惑してしまうというメッセージを受け取りました。

 

今、戦争が起こってるけど、事情がどうであれ略奪行為は皆から総スカン喰らうものだし、分け合うことや思いやる精神を大事にしないとなと思います。

 

【家族愛の美しさ】

現代はYou Tubeやゲームなど面白い娯楽があるし、共働きや長時間労働などの働き方もあるし、楽しく一人で遊べるような玩具も沢山あります。

 

そんな時代の中で親と子の触れ合う時間は昔と比べると減っているのではないでしょうか。

 

また、学歴重視の競争社会の構造のために親が子を自分の見栄はりの存在と勘違いしてしまうことだってありがちなことのかなと感じます。親の思うように子どもを縛りつけすぎるみたいな。

 

勿論、親が子を大事に思う気持ちが今も強くあると思います。しかし、果たしてみさえやひろしのように親心だからと一言言って、何しんちゃんのためならでもできるんだとあんなに必死になれるのかと思ってしまいました。

 

アニメの世界ではあるんだけど、彼らの子への愛情を見習わなければなと思いました。

 

【まとめ】

 

あと、しんちゃんがシロを召喚したところが良かったですね。

 

以上、「クレヨンしんちゃんもののけニンジャ忍者珍風伝」の感想でした。

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を観ましたので感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

 

 

【あらすじ】

地球は今、地球外生命体゛ギタイ゛の侵略に侵されている。ギタイの戦闘能力は非常に高く、人類は人体強化スーツを用いて応戦するが、着実に滅亡へと追いやられている。

 

殺伐とした状況で、ケイジは偶然にも状況を一変させることのできる力を手に入れた。初めて参戦した戦地にてギタイの青い血液を浴びて、記憶を残したまま死んでしまう一日前に戻るというループ能力を手にしたのだった。

 

何度も死んで何度も同じ日を繰り返すケイジは未来を変えることができるのだろうか。

 

【面白い設定の映画】

何度も同じ日を繰り返すという設定がゲームのコンティニューのようで斬新だなと思いました。死んでリセットされるけど、経験値を蓄積させていく。その経験値で未来を少しずつ捻じ曲げていく展開が面白いです。

 

ゲームでも、敵にやられて死んでしまうと、セーブポイントに戻ります。そして、セーブポイントから再び敵と対峙するとき、レベルは同じなんだけど、敵の行動パターンを読んで倒すことができたりします。その感覚と似てるなーと観ていて思いました。

 

【自分次第で幾重にも変わる未来】

自分がその時持ち合わせている能力にもよるところが大きいけど、自分の一つの行動次第で未来は別のものになります。映画を観ていて、改めて一つひとつの選択って大事だよなって感じました。

 

僕は同じ日を何度も経験できないけど、ケイジのように自己を鍛えてより良い未来を掴み取れるようになりたいなと思いました。

 

そのためには日々、精進あるのみですね。

 

トム・クルーズが格好いい】

トム・クルーズ演じるケイジは最初は戦闘経験のない一般人だったわけだけど、その時は頼りない演技をされていました。そして、ギタイの血を浴びて同じ日を繰り返すようになっていくと、どんどん凛々しく頼もしい雰囲気に変わっていきました。

 

二枚目と三枚目の役柄の雰囲気を演じこなすトム・クルーズが格好良かったです。

 

【まとめ】

以上、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の感想でした。

映画「パンズ・ラビリンス」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、映画「パンズ・ラビリンス」の感想を書きます。ネタバレしてますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

 

 

【あらすじ】

スペイン内戦終結後のお話。まだ女性が一人で生きるには過酷な時代。仕立て屋の夫を内戦で亡くした母カルメンは生きるため、一人娘のオフェリアを連れ、独裁政権を強いるビダル大尉に嫁ぐことを決意する。母カルメンは、お腹に子を身籠ってから、レジスタンス掃討作戦を行っているビダル大尉の砦へ赴く。ビダルは冷酷であり、カルメンやオフェリアのことには一抹の情もなく、生まれくる子がいればいいと考えている。そんな辛い現実の中、オフェリアは森の迷宮へと迷い込み、精霊「パン」に出会う。パンはオフェリアのことを王女の生まれ変わりだと告げ、三つの試練を乗り越えることができれば王女として地下の国へ迎いいれようと言ったのだった。

 

【辛い現実】

オフェリアは血の繋がりのある父親を亡くし、強制的に戦地へと連れてこられます。新しい父親が可愛がってくれる見込みなんてないし、母親も臨月に加えて病気も患い娘に構ってる余裕なんて微塵もない状態です。

 

そんな辛すぎる現実の中で、オフェリアはパンの試練を受けることになります。パンの試練を受けていく中で、自分が王女様の生まれ変わりになることが真実味を帯びてきます。

 

オフェリアにとって、このファンタジーな出来事は本当のことのように感じているわけだけど、映画の最後に現れた王宮には死んだはずの母と現実に生きているはずの弟がいることで、全てはオフェリアの夢想だったのだと判明します。

 

嘘だろ。

 

ハッピーエンドではないんだと絶望感が僕の体を満たしてしまいました。

 

【ファンタジーの世界に心が救われる】

ファンタジーの世界が現実世界に起きるのは、現実が残酷であるときなのかもしれないです。現実がどうにもこうにも変えようもないなら、ファンタジーの世界に逃げるしか心を救う方法はないのかもしれないですね。

 

ゲームや小説といったファンタジーの世界は人の心を癒やしてくれるものなんだなと改めて「パンズ・ラビリンス」を観ていて感じました。僕自身、辛いことがあったときは、よくファンタジーの世界に浸ることで救われていたのでそのことに対して凄く共感できます。そんなおとぎ話の魅力は何かを伝えてくれている映画でもあるなと思います。

 

死にたくなるほどではないけど、現実がどうしょうもなく辛くなったときは、一旦、ファンタジーの世界に浸って活力を回復させて、また頑張ったらいいんじゃないかなと思いました。

 

余談ですが、「パン」とは、ギリシア神話に登場する牧羊神であるようですね。

 

【まとめ】

以上、「パンズ・ラビリンス」の感想でした。

映画「ヘレディタリー/継承」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、映画「ヘレディタリー/継承」の感想を書きます。ネタバレしまくりですが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

 

 

【あらすじ】

祖母が死んでから、悲劇は加速していった。不吉なことが立て続けに起き始め、その家族は崩壊の一途を辿ることとなる。

 

【ネタバレまとめ】

恐すぎて思考が停止するし、話も割と複雑で頭の中で内容が混沌としてしまったので、解説サイトをみました。簡単にまとめてみることにします。

 

祖母に地獄の王ペイモンが取り憑いていました。ペイモンは男の肉体に取り憑くことで本来の力を得るので、祖母は息子に取り憑かせようとしました。しかし、それに気づいた息子は自害してしまいます。今度は、祖母の娘アニーの息子、つまり祖母の孫息子ピーターを狙うわけだけど、娘アニーは祖母に孫息子ピーターを近づけようとしませんでした。祖母は代わりに孫娘のチャーリーに取り憑かせました。ペイモンは女の肉体では力を発揮できずにチャーリーの無意識下に潜むこととなります。そして、祖母は認知症になりペイモン完全降臨計画は滞ります。しかし、祖母の死後、ペイモン信者の側近がピーターを弱らせてペイモンを降臨させるという恐ろしい計画を始動させます。

 

こんな流れでしょうか。

 

【骨の髄まで凍りつく映画】

ソファにあるクッションをぐわーっと抱きしめながら観てました。

 

チャーリーの首が吹っ飛ぶところから身の毛がよだち始めて、母アニーと息子ピーターに襲い掛かる不吉なことに関節が軋みだして、訳が分からないまま家族がリタイヤしていく中で全ては祖母とペイモン信者に仕組まれたことだったという事実を知ったとき、僕の体は凍りついてました。

 

【恐怖を存分に堪能できる映画】

物語は伏線散りばめられてるし、展開も面白いと思われます。しかし、それを勝るのが恐怖です。一人で観てましたが、怖くてそれどころではなかったです。

 

見終わってからもぼんやり内容を反芻してたり、感想を書くために調べてたりすると再び恐怖が湧き上がってきました。

 

だから、恐怖を何度も堪能できる映画だなと思いました。

 

【まとめ】

以上、「ヘレディタリー継承」の感想でした。怖かったです。

映画「ジャックと天空の巨人」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、映画「ジャックと天空の巨人」を観ましたので、感想を書きます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

 

 

【あらすじ】

その昔、天空には巨人族が住んでいて、一度だけ地上に攻め込んできたことがあったそうな。巨人は人間を食い殺した。暴虐侵攻を防ぐべく、人間は巨人の心臓を素材に呪術にて王冠を作り上げる。そして、人間は王冠の力で巨人を封じ込め、天空へと還すことに成功した。

 

そんな遥か昔の出来事は、語り継がれる中で、真実味をなくしていき、おとぎ話となって、信じる者も数少なくなっていた。

 

そんか人間が巨人の存在を忘れた頃、偶然が重なり合い、魔法の豆から天空へのつるが出現して再び天空と地上を繋ぐ道ができてしまった。それに気づいた巨人は地上に攻め込もうと目論む。

 

果たして人間の運命や如何に。

 

ジャックと豆の木の原型】

現代には、「ジャックと豆の木」という物語があります。

 

概要を書きます。ジャックが牛を売りに行ったときに魔法の豆と交換することになりました。豆を土に埋めてみると、つるがみるみる育って天空へと伸びていきました。つるを登ってみると、巨人の屋敷があって、そこからお宝を盗むことができました。それに気づいた巨人がジャックを追いかけてきたけど、間一髪のところでつるを切って難を逃れました。そして、母と幸せに暮らしましたって寓話です。

 

ジャックと天空の巨人」は、寓話「ジャックと豆の木」が内容は少し変わってしまってるけど実は大昔に現実としてあったことなのですよっていうファンタジー映画です。

 

事実は小説よりも奇なりという言葉があるように可愛く仕上がったおとぎ話よりも実際の出来事が凄まじいですよって話でした。映像で見る巨人族の猛攻は鬼気迫るものでしたね。

 

まあ、「ジャックと天空の巨人」も作り話ですが。

 

【ストーリーが好き】

個人的にはストーリーがいいなと思いながら観てました。

 

農民と王女が身分の差を越えて結婚するというベタなハッピーエンドだったり、天空での巨人と人間の攻防だったり、人間VS巨人の最後の大逆転劇など、子ども向けの内容なのかもしれないけど、個人的には凄く好みでした。なんだかんだで僕はベタな展開が好きなのかもしれないです。

 

おとぎ話を上手く脚色して知ってるようだけど知らない物語になってるところもいいなと思いました。

 

【まとめ】

以上、「ジャックと天空の巨人」の感想でした。

 

芸能人がいつまでも若々しいのは何故かということについて考えてみた

【前置き】

どうも、虫虎です。テレビなどで活躍している芸能人の方々って若々しく見えますね。実年齢よりも10歳くらい若く見える人も多いように感じます。しかも、昔の写真より今の方が若く見える場合だってあるので驚きですよね。人は、本来歳を重ねていくと老いて見えるのが普通であるので凄いなと感嘆してしまいます。それと同時に自分も若々しくいたいなという感情になります。そこで、今回は、芸能人が何故若々しく見えるのかを考えてみます。宜しくお願いします。

 

【芸能人が若々しく見える理由】

『元々のポテンシャル』

元の素材がいいというのは理由の一つかと考えられます。だからこそ、華やかな芸能界で働くことができているのでしょう。ここは真似ることできないのでどうしょうもないですね。

 

『歓声を浴び続けている』

ジャニーズやアイドル、俳優、女優はファンから歓声を絶えず浴びているかと推察します。よく植物にプラスの言葉をかけると大きく成長すると言われるように、芸能人も周りファン達からプラスの言葉を浴び続けることによって、さらに格好良くなったり、可愛くなったりするのかなと思います。

 

『華やかな場所にいる』

芸能界は限られた人しかいることのできない華やかな場所かと推察します。同業の人達は若々しくてエネルギッシュな方が多いのでしょう。そういう場に身を置くことで若々しくいれるのかと推察します。

 

『最先端の美容医療』

芸能界にいると、最先端のメイクや美容医療に触れる機会が多くなるのかと推察します。詳しくないですが、ヒアルロン酸注射などで若さを保つこともできるのかなと思います。

 

『裏で努力している』

とはいえ、テレビなどのメディアに映っていないときは努力をしているのだろうと思います。ジムで体を鍛えたり、毎日肌の手入れを欠かさなかったり、影で努力していると推察します。

 

『質のいいものを使ってる』

芸能界で成功するとお金が沢山手に入るかと思います。その資金を使って、いい化粧品や体にいい食べ物など質のいいものを取り入れているから若々しく入れるのかなとも思います。いい物を買って若々しくなって、また仕事が増えて、またいい物買って若々しくなって、さらに仕事が増えてといい波に乗れると凄いことになりそうだなと思います。

 

『夢を追い続けている』

芸能界にいると、色々と大きな夢を達成できる可能性が高まりそうです。そういう大きな夢を追いかけやすい、イメージしやすい、ポジションにいることも若々しくいれる要因の一つかなと思います。

 

【自分にできる若々しさを保つ方法は何か】

以上の考察を踏まえて、芸能人でない自分が若々しくなる方法は何かないかと考えてみます。

 

キャーキャー言ってくれるファンがいないので、自分で自分のことを格好いいと言う。

 

筋トレして自分の体を鍛える。

 

ジャンクフードを控える。

 

低価格で体に良いものを探す。

 

大きな夢や目標を持つ。

 

お金を貯めて美容医療に挑戦する。

 

エネルギッシュに生きることを心がける。

 

芸能界にいなくても、食事や運動、気の持ちようでそれなりに若さを保つこともできるかもしれないという結論に至りました。

 

【まとめ】

芸能人の方々を見習っていつまでも若々しく活発に生きたいものですね。


f:id:mushitora:20220507115249j:image