読書「ファーブルの昆虫記 下巻」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、大岡信先生編訳「ファーブルの昆虫記 下巻」の読書感想を書きます。よろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

【どんな本?】

ファーブル昆虫記のシデムシ、ツチスガリ、ジガバチ、クモ、ラングドックサソリを大岡信先生が編訳した本です。

 

上記の昆虫達の暮らしぶりを知りたい人、ファーブル博士の文章に触れたい人にお薦めです。以下は、個人的な感想になります。

 

【凶悪そうな昆虫達も可愛い】

本書に登場する昆虫は、土竜などの死骸を土に埋葬するシデムシ、タマムシやゾウムシの神経系を狙って一撃で仕留めるツチスガリ、闇夜に罠を仕掛けてかかった獲物は何でも食べちゃうクモ、大きな鋏で獲物を捕らえて暴れまわるようなら尻尾の毒針で追撃をするラングドックサソリといった現実で見かけると、気味悪く感じたり、恐かったりする奴らであります。

 

しかし、本書を読んでいると、彼らの可愛らしい一面をみることができます。

 

シデムシはお母さんだけでなくお父さんも産まれてくる子どものために死骸を食べやすいようにする昆虫であったりとか、ジガバチは巣作りがそれほど得意ではなくて家の至るところに泥をペタペタと塗りつけてしまったりとか、産まれたての白いクモは高いところから糸を垂らして上昇気流に乗って飛んでいったりとか、ラングドックサソリの鋏を合わせておでこをくっつける求婚ダンスだったりとか、可愛らしい一面も知ることもできます。

 

そんな一見凶悪そうなんだけだけど、実は可愛らしさも兼ね備えている昆虫の魅力を味わうことができるのが本書の面白いところだと思います。

 

【不思議で魅力的な生態や本能】

本書を読んでいて感じるのは、昆虫の不思議な生態や本能は魅力的だということです。

 

それを大岡信先生編訳のファーブル博士の引き込まれる文章で読み進めていくのが楽しいのです。文章を読んで、本の中で昆虫達の気持ちを想像してしまって、なんだほっこりしてしまいます。小さな世界で本能の赴くままに生きている彼らにもドラマがあるのかなみたいな。

 

それから、外でクモの巣を見かけると魅入ってしまうようになりました。まず、太綱作って、中心から無造作に放射状の糸を貼っていってから、放射状の糸から糸へと螺旋を描きながら紡いでいく姿を想像できてしまうからです。生態を知ることでいつものクモの巣の見方が変わってくるという経験もできました。

 

そういう昆虫の魅力を知れるところがいいなと思いました。

「手にもった暗いあかりに照らし出されて、かの女のあみは、まるで妖精たちが月の光で織った、キクの模様にうき出るのです」

(「ファーブルの昆虫記 下巻」)

 

【まとめ】

以上、大岡信先生編訳 「ファーブルの昆虫記 下巻」の感想でした。

読書以外体験も楽しもう

【前置き】

どうも、虫虎です。読書の楽しみの大部分は本を読むことに集約されているけど、それ以外の読書に関する体験も楽しいものがあると僕は思うので、挙げてみます。宜しくお願いします。

 

【本屋巡り】

新しい本との素敵な出会いを求めるなら、本屋さんや図書館をぶらぶら歩くのも楽しいものです。

 

インターネット上は、自分の好みの本をすぐに見つけることができるからいいのだけれども、思わぬ出会いというのは少ないかと思います。本屋巡りをすれば、自分が少し興味のある分野の本にも目がいき、ちょっと読んでみようかなという気持ちになってきます。そういう自分の裾野を広げる素敵な出会いがあるので本屋巡りは良いなと僕は考えています。

 

【本の感想を書く】

読んだ本を振り返ってみて、自分なりに感想を書くのも楽しみの一つです。

 

感想を書くことで、小説なら内容の深堀りや考察ができるし、実用書なら理解度の向上や記憶定着に繋がるので良いと僕は考えます。また、感想を書くことで愛着が沸いて読んだ本のことがより好きになってくると思います。

 

【本の感想を読む】

インターネット上で、同じ本を読んだ人の感想を読んでみるのも楽しいです。

 

人の感想や着眼点が自分のものとは違っていたら新鮮味を感じることができるし、同じ感想も持っている人を見かけると嬉しかったりするものです。他の人の感想は新たな発見や共感性を感じることができて良いと思います。

 

【喫茶店巡り】

本を読む場所を変えるのも楽しいです。

 

時には何にも予定のない休日の午後の昼下がりにカフェに行ってみてのんびり読書する。最高に癒される時間となるのではないでしょうか。時には本を読む場所を変えてみるのはどうでしょうか。

 

【読書のお供を用意する】

読書をするときに、お気に入りの飲み物を用意するのも楽しいです。

 

いつもよりちょっと高価な珈琲や紅茶なんかを淹れてのんびり読書。いい時間が過ごせるのではないでしょうか。

 

【まとめ】

今回は、読書の本を読む行為以外の楽しみについて列挙してみました。本屋巡り、読書感想を書く、人の読書感想を読む、喫茶店巡り、いい飲み物を飲む、なんかも読書に付随する楽しいことになるのではないでしょうか。

 

 

読書のいいところ

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は読書のいいところについて思いつくことを列挙してみます。宜しくお願いします。

 

【読書のいいところ】

『面白い』

まずは本質的なところとして読書をすること自体が面白いということを挙げます。小説や実用書、自己啓発本や伝記など、本は世の中に星の数ほどあって、自分の趣味嗜好や興味関心に合ったものを読むのは楽しいです。

 

『感情豊かになる』

小説を読んでいると、登場人物の感情を考えることになります。登場人物の感情の機微を読み取っていくことは自分の感情を豊かにすることにも繋がってくると思います。小説を読んで、感動したり、高揚したり、泣いたりして感情に刺激を与えれるのは良いとことだと思います。

 

『やる気が上がる』

自己啓発本を読むと、やる気が沸いてきます。自分の生活をこうしようとかこういう心持ちで日々を行動しようとか、元気や勇気を貰って明るく前向きになることができるかと思います。

 

『集中力が上がる』

活字を読むという行為は集中力を要します。読書習慣があると、集中する機会を多く持てるから、自分の集中力が強化されて良いと思います。

 

『ストレス発散になる』

ある大学研究で1日30分ゆっくり読書をする人は、しない人と比べて、68%もストレスが低下する事が研究結果としてあがっているそうです。この時のポイントは小説を時間をかけて読んで感情移入するといいそうです。研究結果としてあがってるように、読書でストレス発散も期待できますね。

 

『部屋にいながら異世界へ』

ファンタジーやSFやミステリー小説などを読むことで、部屋にいながら異世界へ意識を飛ばすことができます。体を休めながら頭の中で冒険できるなんて素敵だと思いませんか。

 

『文章力語彙力が上がる』

色んな文章や単語を読むことで自分の文章力や語彙力を強化することができます。分からない言葉が出てきたらちゃんと調べながら読み進めていくといいかもしれないですね。

 

『行動規準が変わる』

ライフハック系の本を読むと自分の行動規準を変えることができるかと思います。本のまとまった情報であれば、こういう効果があるのはこういう理由だからとしっかり説明されていることが多いと思うので、ちゃんと腑に落として理解した状態で行動規準を変えることができる可能性が高いと僕は感じます。

 

『知識や知恵が増える』

専門書や実用書を読むことで自分の知識の総量を増やすことができます。それは判断力や会話力を上げることに繋がると僕は思います。

 

『困ったときの辞書代わり』

自分が人生の岐路に立ったり、目の前に大きな壁が立ちはだかったとき、道しるべとなるような聖書を見つけておくと、迷わず行動することができると思います。

 

『心に残るお守り』

本を読んでて心に残る一文に出会えると、それを携えてお守りにすることもできると僕は考えます。辛いときに、その一文を思い返して声に出してみて勇気をもらうことや落ち着くことだってできると思います。

 

『生きざまを真似る』

例えば伝記を読んでみて、自分が尊敬する歴史上の人物に出会えたなら、こういうとき、あの人はどうするかなという軸で物事を判断することもできる思います。

 

『人に気持ちを考える』

小説を読んで登場人物のことに思いを馳せていると、現実の人間関係においても役に立つことがあると思います。

 

【まとめ】

読書のいいところを13個挙げてみました。さあ、本を読みましょう。

 

 

自己啓発本を読んで感動しても時と共に忘れてしまいませんか

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、自己啓発本を読んでも時間が経つと内容を忘れてしまうよね。じゃあ、どうしたら忘れないでいられるかなということについて考えてみます。宜しくお願いします。

 

【人は忘れてしまう生き物】

僕は割りと読書が好きで、その中で自己啓発本も読みます。読んだ直後は、本の内容の大事なことが頭に入ってて、行動規準や生活習慣が変わっていたり、モチベーションが上がっていたりしているものだけど、それが時と共にだんだん頭の中から抜けていってしまって、いつの間にか元の自分に戻ってしまう。なんてことはよくあるのではないでしょうか。

 

自己啓発本を読んだとき、どんなに心が揺さぶられても、大事なことだと感じても、人とはそれを忘れてしまう生き物であると僕は思います。

 

【忘れないでいるためには?】

そんな感動したことや大事なことを忘れないためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

忘れないためにはメモを取って、それを読み返す習慣を持つことが大事であると僕は考えます。

 

僕は実用書を読むときは、読みながら心揺れたり、大事だと感じたり、忘れたくないなと思った一文に出会うと、毎回読書を中断してスマホのメモ帳にわざわざ書き写しています。手間がかかる作業だけど、結果的に効率の良い行為なのかなと僕は考えています。自己啓発本を一気に読んで行動規準や生活習慣を変えたり、モチベーションを上げても、時と共に忘れてしまう。そして、その行動規準やモチベーションを手に入れたくてまたその本をもう一度読む。再読はモチベーションを上げつつ、理解度をさらに深めることもできるけど、読むのに時間がかかってしまいます。そこで、心揺れた一文をその都度メモしておいて、その一文達を読み返すと、どんなに本の内容だっから何となく思い出すことができると僕は考えます。つまり、メモを読み返すことで、本一冊読み返すまでの記憶の蘇りにまではいかないにしても、何となくその時に感じた感動や本の全体像を思い返すことがさっとできると感じています。

 

なので、本を一気に読んで忘れたら読み返して思い出すよりも、その都度気になる一文をメモしてそれを短時間で何度も見返して思い出す方が結果的には効率いいのかなと僕は考えます。

 

【記憶の定着】

忘れない工夫としては、メモを読み返すことを挙げました。さらに、そこから自分の骨身に思考法や価値観を染み込ませるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

それは、その本全体の内容やその本の一文に関して自分が考えたことを合わせてまとめてみるのがいいと僕は考えます。

 

つまり、本の感想や自分の意見をまとめることで、自分の血肉になっていくのかなと考えます。それは読書ノートでもいいし、ブログでもいいし、スマホのメモ帳でもいいかと思います。

 

そして、そのまとめた自分の感想や思考をまた読み返すことで更なる記憶の定着に繋がっていって、行動規準や生活習慣の変化からの習慣化、モチベーションの維持に役立つのではないかと僕は考えます。

 

 

【まとめ】

今回は自己啓発本を読んだ後に、自分の中にその内容を定着させる方法について考えてみました。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

感動を言語化するためには、どこがどうよかったのか、自分は何に感動したのかという具体的な理由を明確にしなければならない

(「日記の魔術」より)

 

健康的で若々しく100歳まで生きるにはどうしたらいいかについて考えてみた

【前置き】

どうも、虫虎です。人生100年時代と言われるように医療やその他技術革新によって平均寿命は伸びています。人生はどこでどう転ぶか分からないところが多々あるけど、そんな中でも健康的で若々しく長生きする可能性を高めるにはどうしたらいいのかについて考えてみました。宜しくお願いします。

 

【健康的に長生きする方法】

『食事を気をつける』

私たちは私たちの食べたもので作られているというように、健康的に長生きという観点から何を食べるかは非常に重要であると思います。栄養のことを勉強して、自分の体が健康的で若々しくいられるような食生活を作って継続していくことが大事であります。

 

『運動習慣を持つ』

運動習慣を持つことも長生きにはとても重要なことであると思います。命削って記録を塗り替えるような激しい運動ではなくて、健康的でいられるような自分に合った適度な刺激の運動が必要になってくるかと感じます。食事や運動などを怠って患う生活習慣病にならないように気をつけることがまずは大事であります。

 

『精神の安定に努める』

心と体は繋がっている。だから、心が苦しみすぎないように配慮することは大事であると思います。辛いことがあれば、その都度思考を整理したり、解決策を探したり、心持ちを変えたり、それが無理なら避けれるように試みたりとあまり心に負荷をかけすぎないようにすることも長生きには必要になってくるかと僕は思います。

 

『ストレスを溜めない』

日々、生活を送っていると、少なからずはストレスを受けるものかと思います。そのストレスを上手に発散できるように好きなことや没頭できる一生の趣味を見つけることも大事であります。

 

『車の運転に気をつける』

酷い交通事故に遭ってしまうと、そこで長生きの夢が一瞬で途絶えてしまうことになってしまいます。だから、常日頃から、無理な走行はせず、かもしれない運転はせず、大丈夫かなという意識をもって安全運転を心掛けることが大事であります。

 

『こまめに検診に行く』

大病です。しかも末期です。どうすることもできないです。なんてことにならないようにこまめに健康診断や検診を行うことで病気の見落としというリスクを回避することが大事であるかと思います。

 

『お金を蓄える』

人生100年時代となると、会社人を定年してからの余生がかなり長いです。そこでストレスなく楽しめる生活を送るにはやはりある程度の蓄えは必要となると思います。だから、余生に備えて貯金しておくことが大事であります。

 

『子どもを育てる』

年老いたとき、助けてくれるのはやっぱり自分の子どもなのかなと思います。だから、子どもを産んで育てておくことができるなら、子育てして長生きの可能性を高めると良いかと思います。

 

食品添加物に気をつける』

食品添加物には、微量だと問題ないけど、発ガン性のものもあるらしいです。長い人生100年時代ということは食品添加物を溜め込む期間も必然的に長くなってしまいます。全く避けることはないけど、取りすぎないように気をつけることは必要なのかなと思います。

 

『生きたいと思える環境作り』

最後に長生きしたいなと思えるような環境作りが大事になると思います。やりたいことを見つけたり、何かに遣り甲斐をもったり、好きなことや没頭できることを続けたり、一生ものの家庭を築いたり、友人を持ったりと、一日一日が楽しいと、明日も生きたいと思えるような環境作りが大事になってくるかと思います。明日への活力ですね。

 

【まとめ】

今回は、長生きする可能性を高める方法について考えてみました。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。


f:id:mushitora:20210718183124j:image

昔話から学ぶこと~はなさかじいさん~

【前置き】

どうも、虫虎です。子どもに図書館で借りた「はなさかじいさん」を読んでいるときに思うことがあったので、まとめてみます。宜しくお願いします。

【はなさかじいさん】

【概要】

昔々、あるところに人のよいお爺さんと人の悪いお爺さんがいた。ある日のこと、悪いお爺さんが子犬を見つけた。悪いお爺さんは助ける気もなく素通りする。次に良いお爺さんが子犬を発見し連れ帰って育てることにした。犬は大きくなると、良いお爺さんの猟に手を貸した。猪を追い込み、捕らえる手伝いをした。良いお爺さんは喜び、猪を堪能する。それを聞きつけた悪いお爺さんは良いお爺さんから犬を借りて、猟へ出掛けた。しかし、犬は悪いお爺さんの手伝いを拒んだ。それに激昂した悪いお爺さんは犬を殺してしまった。悲しんだ良いお爺さんは犬を埋めて供養した。すると、その埋めたところから大きな木が生えてきた。良いお爺さんがその木で臼を作り回してみると、大判小判がざっくざくと出てきた。それを聞きつけた悪いお爺さんは良いお爺さんから臼を借りて回した。すると、うんこが出てきた。それに激昂した悪いお爺さんは臼を燃やした。悲しんだお爺さんはその灰を持ち帰って撒いてみると、枯れ木に花が咲いた。それ偉い人が見ていて厚待遇をしてくれた。それを聞きつけた悪いお爺さんはその灰を良いお爺さんから貰い、偉い人の前で撒いてみた。しかし、灰が舞って目に入るだった。激昂した偉い人は、悪いお爺さんを処罰した。

 

【良いことをすると良いことが返ってくる】

良いお爺さんは、仔犬を助けることでどこからか良いことが起こっています。反対に悪いお爺さんが仔犬を無視することで悪いことが起こっています。良いお爺さんの見返りをもとめない優しさが結果的にお爺さんを幸福にしてくれたのだと読んでいて思いました。

 

だから、良い行いをすることは良いことであると学びました。

 

【テイカーと付き合わない】

見返りを求めない優しさは美徳であります。困ってる人に手を差し出したり、頼まれたことを引き受けたり、人を信じることは大切なことではあるんだけど、その相手がどんな人かを見極める能力も必要になってくるのかなと僕は思います。

 

本当に困ってる人なのか、どういう意図で頼んできたのか、騙そうとしてないか、と疑いの目を向けることも時には必要であると感じます。世の中には絵本の悪いお爺さんのように自分の欲の為だけに良いお爺さんの優しさを利用してくるような人もいるかもしれないわけですから。

 

良いお爺さんの悪いお爺さんにも優しくするというのは大変素晴らしいことで美徳ではあるんだけど、それによって仔犬を死なせてしまったわけだから、そこの人の見極めが甘かったことは彼の落ち度だったのかもしれないです。

 

自分を不幸にさせてくる可能性のあるテイカーとは距離を置くことも必要なことであると僕は考えます。

 

【人のものを奪わない】

悪いお爺さんのように人の持ってるものを羨ましがって奪おうとしてはならないです。何故なら、悪いお爺さんのようにその行為によって結果的に自分が不利益を被ってしまう場合があるし、心が汚れて人生が負のスパイラルに巻き込まれる可能性があると僕は思うからです。

 

【まとめ】

良い行いをすることは大切、けどテイカーとは距離をとる、人のモノを奪おうとしない、たいうことを「はなさかじいさん」から学びました。

食欲をコントロールする方法について考えてみた

【前置き】

どうも、虫虎です。人間の三大欲求の一つである食欲をコントロールするのはなかなかに難しいと僕は感じています。そこで、今回は、食欲をコントロールするにはどうしたらよいかについて考えてみます。宜しくお願いします。

 

【僕の食欲について】

こんにちは、金曜日の夜にドカ食いしてしまう僕です。

 

僕の食欲のパターンとしては、月曜日から金曜日まで仕事をして、その五日間が終わった夜に解放感と共に気が抜けてしまってドカ食いしてしまうことが多いです。晩御飯をしっかり食べた後に、食パンや焼き菓子やアイスクリームを恐らく500~1000kcalくらいはとってる気がします。腹がはち切れそうになってやっと我に返って後悔し出します。この食欲の暴走をコントロールしたいと考えています。

 

【食欲をコントロールする方法】

食欲をコントロールする方法について考えてみました。

 

『気合いで抑える』

いきなり精神論だけど、疲れて意思力が低下していることや週末気が抜けてしまうことを意識して、何とか理性を働かせて適量の食事量を守るようにします。

 

『よく噛んで食べる』

同じ量でもよく噛んで味わって、食べる時間を長くすることで満足度を上げる。一度に口へ運ぶ量を少なくすると良いのではないかと僕は思いました。

 

『ルールを決める』

食後のデザートは一個だけとか、食事の時のお茶を飲み終わったらもう何も食べてはいけないとか、晩酌は一杯までとか、甘いものは朝しか食べないとか、何かしらのルールを決めて守るように心掛けると良いかと思います。

 

『見えないところに置く』

自分の脳に食べたいなと思わせないように、食べる分だけを用意して後はお菓子やデザートなどは目に留まらないところにしまっておく。必要ない余分な食材のエネルギー分は食べないようにして翌日の分にまわします。

 

『食後の楽しみを用意する』

食べた後に食べること以外の何か楽しいことを計画しておきます。好きな映画やテレビ番組を見るとか、読書するとか、子どもと遊ぶとか、ゲームするとか。そして、食べた直後にそれを実行して食事を終了させるようにすると良いかと思います。

 

『後悔を先取りする』

「たぶん今これ食べたら後で後悔するよな」って食べすぎた後のことを想像します。すると、食欲が幾何か抑制されるかと思います。

 

『効果を確認する』

食事を適量に留めることができたらどんないいことがあるかと想像してみます。そのいい効果を確認して食欲を抑制すると良いかと思います。

 

『さっさと風呂に入る』

食べたらさっさと風呂に入る。すると、食欲を抑制することができるかもしれないです。

 

『さっさと歯磨きする』

さっさと口の中を綺麗にしてしまう。そうすると、そこから何かを食べるとなるとまた歯磨きをしないといけなくなる。それは面倒だからと食べなくなるかもしれないです。

 

【効果を確認する具体例】

上記の食欲をコントロールする方法の中で述べた「効果を確認する」という項目の効果を掘り下げてみます。

 

『しんどくない』

必要な分だけ程よく食べると、体が重たくなってしんどくなるということがなくなります。

 

『体型が引き締まる』

程よく食べると、太ることもなく体型が引き締まります。

 

『食料の節約になる』

程よく食べるということは、余計なものを食べないことになる。それは、食費の節約に繋がります。

 

『結果的に一番の幸福感』

食欲を我慢するのは精神的に辛いかもしれないけど、体は一番の調子のよい状態になるから、結果的に一番幸福である筈です。

 

『消化に負担がかからない』

程よく食べると、消化にかかる負担が減ります。つまりは、体の負担が減るということになる。そして、より快活に動けると思います。

 

『それができると精神安定する』

食生活を上手くコントロールできると精神が安定して、幸せになれると僕は考えます。

 

【まとめ】

以上が自分なりに考えてみた食欲をコントロールする方法です。参考になれば幸いです。ここまで読んでくださってありがとうございました。


f:id:mushitora:20210711180142j:image