ランニング好きライトゲーマー虫虎(小説家志望)の日記

ゲーム、ランニング、文章書き、読書、昆虫、子育て、オナ禁、映画、人間関係、音楽、僕が考えていることなどを書いている雑記ブログ

心が苦しいときは、ゲームをして現実逃避してました

【前置き】

どうも、虫虎です。これまでの人生の中で、ゲームは時に精神安定剤のような役割を担ってくれてると僕は体感してます。今回は、そのことについて書きます。宜しくお願いします。

 

【ゲームの役割】

学校で嫌なことがあった。会社で大きな失敗をした。彼女や嫁さんと喧嘩をした。人間関係で辛いことがあった。

 

思い返してみると、そんな時、僕はゲームをして現実逃避をしていました。

 

勿論、ゲームで現実逃避してもストレスの根源は解決はできません。しかし、ゲームという嫌なことを忘れる時間を設けることで、心の波が少し凪いでくれます。

 

考えてもどうしようもないことや今はどうすることもできないことという打ち手なしの嫌なことは、ゲームをして現実逃避します。

 

どうしょうもないことは、時間薬を効かせることが有効な手立ての一つであると僕は考えます。

 

【日常的に現実逃避する】

日常的に現実逃避する。つまり、日常的にゲームをするのもよいと僕は考えます。時間に余裕があれば。

 

日々の生活を送るだけでもストレスはかかってくるものです。だから、毎日少しでもゲームをして現実から離れる時間を設ける。その習慣は、精神衛生にいい影響を与えるのではないかと僕は考えます。

 

よく瞑想をして頭の中を空っぽにする瞬間を作れると驚くほどに爽快な気分になると言われます。それと同じように、ゲームのことだけしか考えない時間を作ることでストレス発散になるのではないでしょうか。

 

勿論、別にゲームでなくてもよくて、瞑想でも自分の好きなことでも、没頭すればいいと思います。

 

【熱中できることを探す】

そんな自分が没頭できることや好きなことを見つけておくことは辛いことがあったときに心を助けてくれる役割を担ってくれます。

 

辛いことがあったとき、手早く取り組めることや週末の楽しみとしてできることを持ち合わせているのといないのとでは精神の安定感が変わってくると僕は考えます。

 

【まとめ】

皆さんの熱中できる好きなことは何ですか?