昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

自分の頭を使って考えることの大切さ

【前置き】

 どうも、虫虎です。今回は「自分の頭を使って考えることの大切さ」について自分なりに考えをまとめます。宜しくお願いします。

 

【自分の頭で考える機会の減少】

 今の世の中は、便利になっていて分からないことや知りたいことがあれば、スマートフォンやパソコンを使えば、すぐに情報を仕入れることができます。インターネットで情報を得た時、僕はついついその情報を鵜呑みにしてしまって、そのまま自分の考えや意見にしてしまうことがあるように感じます。それって自分の頭で考える時間は殆んどありません。世の中が便利になったことで、自分の頭で考える機会や時間が減少傾向にあるのではないだろうかと問題提議してみます。


【自分の頭で考えることの大切さ】

 自分の頭で考える習慣を持つことは、とても大切なことではないかと僕は考えます。

 

 自分の頭で考えることで、論理的な思考力、考える力を養うことができます。考える力が強くなると、頭の回転が良くなったり、自分の意見や考えを持つことができると思います。それは、自分自身の血肉となり、軸となり、魅力となるでしょう。つまり、自分が成長する為には、考える力や思考力を強化することが大切であると僕は考えました。


【自分の頭で考える訓練をする】

具体的に思考力を鍛える方法は色々あると思います。

 

 まず、読書に関してですが、本を読んだら、そこで終わりになってはいないでしょうか。本を読んだ後、その内容を鵜呑みにするのではなくて、自分の頭で情報を吟味をする習慣を設ければ、思考力を鍛えることができるのではないかと僕は考えます。自分の考えや経験や思いを本の内容を照らし合わせて、実際に自分なりに行動を起こしてみてから、情報を自分なりのものとして自分の中の落とし込むようにすることで、思考力の強化と自分の軸や魅力を形作ることができると思います。

 

 次に、ブログなどで何かの感想や考察を書く時、まずは自分の頭だけで考えて作ってみます。それから、他の人の感想や考察を調べてみて、自分の感想や考察と照らし合わせて、違う視点を得たり、再考してみたりする。そうすることで、二度考える機会を設けることができ、思考力を鍛えることができるのではないかと僕は考えています。

 

 自分の頭で考えることは、時間を要するけど、その行為における影響は今後の人生において計り知れない良いものであると感じます。考える習慣を持つことで、自己の意思や軸、成長に大きなプラスの影響を及ぼすことになるはずであると考えました。


【まとめ】

「まずは自分の頭で考えてみる」

 

そのことを意識して日々の生活を送っていきたいです。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

答えは誰かに教えてもらうものではなく、自らの手で導き出していくもの

(「嫌われる勇気」より)