昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

歴代クレヨンしんちゃん映画シリーズ27作品感想

【前置き】

 どうも、虫虎です。皆さん、茹で卵は塩派?マヨネーズ派?それともそのまま食べる派?。今回は、歴代クレヨンしんちゃん映画を第1作目~27作目までの感想を書きます。第1作目から順番に書いていきます。ネタバレありますが、よろしければお付き合いください。

 

クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王】

 記念すべき映画第1作目です。クレヨンしんちゃんの最初期の雰囲気を味わいたいならこちらの映画が1番お勧めですね。ストーリーは王道に作り込まれているので普通に面白い。お喋りするシロが可愛いかったですね。

 

 

クレヨンしんちゃんブリブリ王国の秘宝】

 ブルブリ王国の秘宝を巡っての冒険。特徴としては、クレヨンしんちゃんらしい脱力感、古代的な冒険感、ひろしとみさえがラブラブしてる、ヒロインのルルちゃんが可愛い、戦闘シーンが迫力ある、といったところかなーと思います。

 

 

クレヨンしんちゃん雲黒斎の野望】

映画 クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望  [DVD]
 

 時空を越えて二転三転する物語が面白かったです。いつももクレヨンしんちゃんの脱力感のある雰囲気がいい感じです。初期のクレヨンしんちゃんはオカマキャラが良い味出してますね。大人しんちゃん強かったなー。

 

 

クレヨンしんちゃんヘンダーランドの大冒険】

「すげーなすごいです!!」。子供時代に視聴した記憶が微かに蘇ってきました。記憶が甦る位なので、当時見たときも楽しんでいたんだと思います。アクション仮面、カンタムロボ、ぶりぶりざえもんの共闘シーン、ババ抜きのシーンのひろしとか好きです。

 

 

クレヨンしんちゃん暗黒タマタマ大追跡】

 ひまわりちゃんの映画初出演作品。笑いどころが沢山あって飽きない物語展開が良いですね。珠由良ブラザーズとかヘクソンとかサタケとか東松山よねとか魅力的なキャラクターが多いのも良かったと感じます。オチもクレヨンしんちゃんらしくゆるゆるでいい感じでした。

 

 

クレヨンしんちゃん電撃!ブタのヒヅメ大作戦】

 救いのヒーローぶりぶりざえもんが活躍する映画。しんちゃんの作るぶりぶりざえもんの話が素敵だった。純粋な優しさっていうのは、自分の正義を振りかざすのではなくて、困っている人がいたら救ってあげるっていう単純な行為なのかもしれない。

 

 

クレヨンしんちゃん爆発!温泉わくわく大決戦】

 温泉とミリタリーとゴジラと巨大ロボットと政治と盛り沢山の内容となっていますね。ひろしのだらしなさとみさえの心の広さが際立っている映画。温泉に入りたくなる映画です。

 

 

クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶジャングル】

 アクション仮面大活躍の映画。多種多様な武術を扱うリアルでも強いアクション仮面。0才児なのに何でもできる強いひまわりちゃん。攻守一体の最強移動方法「ケツだけ歩き」。ワニの猛攻を華麗にかわすまさおくん。何もかも凄いです。

 

 

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲】

 昔を懐かしむ気持ちと未来を生きる気持ちの両方ともに良さがある。時は流れゆくから、過去に縛られてばかりではいけなくて、前を向いていかなければならない。そんなことを教えてくれる映画です。笑いあり、感動ありのクレヨンしんちゃん映画の中でも人気作ですね。中盤の春日部防衛隊とオトナ帝国の攻防戦は笑えて、終盤の階段を駆け上がる「真面目なしんちゃん」に感動します。普段、しんちゃんはふざけて倒してるから、そのギャップに胸がいっぱいにさせられますね。「クレヨンしんちゃんの良さ」が存分に詰まっています。

 

 

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦】

 感動作。戦国時代へタイムスリップして野原一家が活躍します。戦、武士、身分の違い、人の死を題材にしているので、大人向きになっている印象です。最後の場面は、とても印象的で心に焼き付きました。

 

 

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード】

 疾走感抜群のお笑い系の映画。ギャグに全振りしてる。降りきってるところが魅力的であると思います。お馴染み野原一家と春日部防衛隊の戦闘能力の高さに顔がほころびます。焼肉食べたいなー。

 

 

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ】

 物語が好きでした。映画の世界に入ってしまう展開、春日部防衛隊の活躍、しんちゃんの淡い恋、全体的に良くまとまっている感じで気に入っています。椿ちゃん良いヒロインだったなー。ななこお姉さん以外に本意気の恋心を抱いたのは、椿ちゃんだけではないかなと思っています。そこが見どころであると思います。

 

 

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃】

 野原一家がヒーローになって怪獣を倒すお話。展開は単調だけど、設定が面白いなーと感じました。子どもたちは特に楽しめるんじゃないでしょうか。本当のヒーローは弱い人も強い人もお守りお助けするんだぞ。

 

 

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ踊れ!アミーゴ!】

 ホラーな異色作。風間くんのママ恐いよ。恐すぎるよ。一緒に見てた子どもたちビビっちゃったよ。この映画の個人的な見どころは、物語展開が面白さ、ジャッキーの可愛さ、コンニャクローンを皆で倒すところ、松坂先生の活躍するところかなーと思います。

 

 

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ歌うケツだけ爆弾!】

 シロのお尻に地球が爆発する規模の爆弾が収まっちゃう話。お笑いと感動が良い塩梅の僕の好きな映画です。地球とシロを天秤にかけた時、野原一家は何を選択するのか。シロのことを想うしんのすけしんのすけのことを想うシロ、家族の大切さを教えてくれます。色んなことを考えてしまって大人にはできない行動と子どもの純粋な気持ちから起こる行動に僕たちは大切な何かに気づかされる。SEAMOさんの「Cry Baby」も良曲ですね。

 

 

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者】

 剣と盾と魔法を扱うアニメの中でもファンタジー濃度が高い映画です。「自分だけが経験した冒険」っていうものいいなーと思いますね。

 

 

クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国】

 環境問題と人間のエゴを題材に扱った映画。人類動物化計画によって、地球は守られるのかもしれないです。本当に地球環境のことを考えるならそれくらいしなければいけないけど、それは土台無理な話な訳だけど。考えさせられる映画ですね。動物化して特殊能力を得た春日部防衛隊の戦闘能力はさらに強化されてます。

 

みさえ優しいなー。

 

 

クレヨンしんちゃん超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁】

 しんのすけ達が未来で活躍するお話。クレヨンしんちゃんキャラクターの未来の姿が見れるのが魅力的なところであると思います。未来の状況が有り有りと明暗分かれてるところが笑えるところでも笑えないところでもありますね。しんのすけとひまわりとぼーちゃんが凄くいい感じになってます。まさおくん、ねねちゃん頑張れー。

 

 

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦

 レモンちゃんが可愛いです。ワードセンスが秀逸ですね。家族の暖かさを感じれる。そんな映画です。「スカシペスタン共和国」「ヘーデルナ王国」「ヘガデル博士」「メガヘガデルⅡ」とか、幅広い屁こきワードが使われています。

 

 

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶオラと宇宙のプリンセス】

 皆さん、お暇ですか。兄弟姉妹がいる人は考えるところがある映画かなと思います。特に弟や妹がいる人は、自分を優先したい気持ちと弟妹を思いやる気持ちの狭間でやきもきする経験をしたことがあると思います。一時の感情を抑えて、兄弟姉妹を思いやれますか。

 


クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!】

 A級グルメVSB級グルメのお話。視終わった後に焼きそばが食べたくなるお笑い要素が多めの映画です。春日部防衛隊の度胸と身体能力の高さに毎度驚愕します。本当に5才児ですか、君たち。A級B級に関わらず、お腹空かして、気の合う人たちと笑いながら食べるご飯が美味しいですよねっていうお話。

 

 

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん】

 とーちゃんの記憶を持ったロボットが現れるお話。腰痛で動けなくて家の仕事もままならない「とーちゃん」と無限の体力と有り余る力を持つ「ロボとーちゃん」。どちらがいいですか。しんのすけにとっては、とーちゃんもロボとーちゃんもどちらもとーちゃんだった。とーちゃんの記憶を持っているだけに、ロボとーちゃんとのお別れのシーンは感涙物です。父親は必見ですね。

 

 

クレヨンしんちゃん オラの引っ越し物語 サボテン大襲撃】

 野原一家がひろしの転勤でメキシコへお引っ越しするお話。人食いサボテンの襲撃に対抗する野原一家とメキシコ民たちとの攻防戦も視ていて楽しいけど、僕が何よりこの映画で素敵だと思ったところは、最初と最後のところの「しんのすけ」と「風間くん」の友情シーンです。いつもじゃれあっている2人の友情を垣間見ることができます。必見です。

 

 

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃】

 大人も子どもも楽しめる作品。面白かったです。クレヨンしんちゃん映画はひろしの名言が有名だけど、今作はみさえの台詞に心打たれました。

 

「親にとって子どもは自分以上なの!優しくしてくれるパパばっかりに甘えんな! 好きで嫌われ役やってんじゃないわよ! 嫌われたっていいから自分の子供を守りたいだけ」

 

子どもに是非聞いてもらいたい台詞です。僕も子育てに関しておいしいところをお母さんから奪っている節があるの申し訳ないなー改めて思わされました。

 

 

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ】

 シリリ良い子だなー。物凄く悪いことをするのは大人かもしれないけど、皆子どもにしたら世界は滅茶苦茶になりますよね。
高橋優さんの「ロードムービー」が良曲でした。

 


クレヨンしんちゃん 暴盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~】

 僕の好きな「まさおくん」にスポットライトが当たっている作品。友達よりも先にぷにぷに拳を習い始めるものの、上達できず皆に追い抜かされて落ち込むまさおくん。挙げ句の果てに、感情を爆発させて「春日部防衛隊」を離脱してしまいました。友達と離れ冷静になって「まさおくん」は悟ります。「地道にコツコツ」と頑張ればいいじゃないかと。怖がりで泣き虫だけど、素直で優しい「まさおくん」の良さを感じれる映画です。

 

 

クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~】

 花婿として拐われる「ひろし」を救出するお話。子どもが産まれると夫婦のコミュニケーションが取りづらくなったり、すれ違いも増えてしまうものですね。しかし、「みさえ」と「ひろし」の夫婦の絆は凄く堅く、お互いのことをちゃんと想い合っていて、「いい夫婦だなー」って感動すること請け合いです。お勧めの感動作ですね。あいみょんさんの「ハルノヒ」も良い曲で好きです。

 

 

【まとめ】

 以上、歴代クレヨンしんちゃん映画の僕なりの感想でした。ここまで読んでくださってありがとうございました。