ゲーム「ポポロクロイスはじまりの冒険」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。癒されるRPGがしたい。そんな時は「ポポロクロイスシリーズ」を遊んでみてはどうでしょうか。今回は「ポポロクロイスはじまりの冒険」の感想を書きます。宜しくお願いします。

 

 

【全体的な感想】

世界観は可愛い癒やしでした。

 

キャラクター、敵、フィールド、ストーリー全てが可愛らしいですね。ほんわか癒されるゲームです。

 

冒険物語でありながらこんなにも癒し度の高いRPGは中々ないのではないでしょうか。

 

ボリュームは20時間程でクリアできる位なので気軽にプレイできます。

 

僕は道に迷ってレベルが上がりすぎてしまったのか、ラスボスも楽に倒しました。

 

ポポロ(人々)クロイス(交差)という意味のタイトルに沿って、友達や仲間の大切さを伝えてくれる優しいストーリーでほんわりと感動しました。優しい気持ちになれるゲームで良かったですね。

 


【ロード時間について】

エンカウント毎のロードが非常に長いです。僕が今までプレイしたゲームの中で最長だと思います。その点が残念でしたね。僕は確か4コマ漫画読みながら進めてました。

 

お酒でも飲みながら本当にまったりのんびりしながらゲームしたい人には敢えてそれがいいのかもしれないですね。

 


【音楽について】

エンディング曲「瞳の扉」が良曲です。ゲームの終わりにまるで長編のアニメーションムービーを視聴したかのような気持ちにさせられる優しい曲です。

 


【まとめ】

実は「ポポロクロイスシリーズ」はこの作品しか遊んだことないから他の作品も機会に恵まれれば遊んでみようと思います。主人公のピノンの父親であるピエトロ王子の冒険は名作のようですしね。

 

ポポロクロイス~はじまりの冒険~通常版(初回生産)

ポポロクロイス~はじまりの冒険~通常版(初回生産)

  • 発売日: 2002/06/20
  • メディア: Video Game