昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

ゲーム「テイルズオブイノセンス」感想②~キャラクター編~

【前置き】

どうも、虫虎です。今回はDS版の「テイルズオブイノセンス」の感想第二弾ということで、キャラクターに焦点を当てて書きます。ネタバレありますのでご注意ください。宜しくお願いします。

テイルズ オブ イノセンス Welcome Price 2800

テイルズ オブ イノセンス Welcome Price 2800

  • 発売日: 2008/10/30
  • メディア: Video Game
 

【ルカ】

テイルズシリーズを全て遊んだわけではないけど、真面目で内気な主人公は珍しいのではないでしょうか。僕は全然好きですね。内気な少年が冒険を通して成長していく過程は凄くいいものだと思ってるので。猫背気味にとぼとぼ歩いていた子が最後に凛々しくなる展開は心踊っちゃいますね。

 

戦闘面に関しては防御系スタイルのガーディアンにしていたけど、攻撃力も高くて強かったです。ボス戦は、裂空斬→火炎裂空→烈風月華衝と通常攻撃後ずっとくるくる回転させていました。絶対目が回ってますね。何はともあれ、斬撃の数が多くて敵をのけ反らせることができたので重宝しました。

 


【イリア】

イリアはテイルズシリーズのヒロインの中ではガサツ度がかなり高い方ではないでしょうか。くよくよと思い悩んでしまうルカくんには丁度いいお相手なのかな。実は、自分の村に学校を建てる夢を持っているという優しいところの見えるギャップが魅力的ですね。

 

戦闘面に関しては、詠唱系スタイルのウィズダムにしていたので、完全に後衛詠唱タイプになりました。スタイルレベルが上がると、詠唱時間をかなり短縮できるので、水系魔法攻撃と回復蘇生を素早く連発できるのが良かったですね。その反面、打たれ弱さが目立つこともありました。敵が前線を突破して後陣までいくと、やられてしまうことが結構あったかな。

 

自分で操作するときは、銃に石化能力を付与して乱射しまくるのが楽しかったです。攻撃力が低いからなかなか敵を倒せないけど、球数の多さから石化効率が良かったし、一匹石化できると戦況はかなり優勢になる。特技秘技で前でたり後ろ下がったり、敵をかわしながら乱射しまくるのが使っていて楽しいキャラクター。

 


【スパーダ】

前世が剣の不良剣士。ルカくんの苦手なタイプだとは思うけど、いつの間にか親友になっている展開が良かったですね。武器が前世というのも特殊な生い立ちだなぁと思いました。意思を持った名刀の記憶とはどんなものだったのか。

 

戦闘に関しては、操作キャラの中では一番強かったと僕は思っています。スタイルは攻撃特化のアドバンスにしていたので、高攻撃力と技の斬撃の多さでボス戦は押しまくっていました。

 

どちらかというと、ルカくんよりテイルズの主人公が使うような技が多いからか、どの技も強かったですね。驟雨双破斬とか閃空衝裂破とか最高でしたね。

 


【アンジュ】

教会の聖女。短剣&天術使い。頭が良くて、生きる為や人との関り合いにおいて白か黒かではなく灰色も持ち合わせている大人の女性です。普段の会話や台詞も含蓄のあるものが多いですね。なんだけど、食いしん坊や太ってるネタがある。そこが可愛らしいところですね。

 

戦闘に関しては、近接戦闘と後衛補助どちらもいけて汎用性があるキャラクターでした。

 

操作していない時は回復役に徹してもらうことが多かったかな。操作する時は前線で短剣を振り回しまくってました。

 


【リカルド】

ライフル使い。戦場で生きる冷酷無比な人物設定だけど、所々に人間味や心の温かさを魅せてくるから、もうこの人滅茶苦茶いい人じゃんってなりますね。旅の仲間をまとめる冷静なおじさんキャラクターです。

 

戦闘に関しては、蘇生魔法を習得できたら最強の回復役だったかなと僕は思ってます。スタイル「ガーディアン」で男キャラというものあって耐久力があるのが強み。作戦で「敵から遠ざかる」の指示を出しておけば、ボス戦でも近接戦闘の二人が倒れることがあってもそこから「ライフボトル」と回復魔法を駆使して戦況を戻すことのできる力があるのでかなり助けられました。

 

自分で操作する時はライフル使ってたけど、攻撃面はそこそこだったかなぁ。ギルドクエストやエンカウントの敵に余裕がある時はライフル使って遊んでました。

 


【エルマーナ】

関西弁の女の子。肉弾戦闘。前世はヴリトラ。天上に一人取り残されていた者。アスラの世話役。地上では身寄りのない児を保護している。けど、まだ自身が幼いから甘えたい年頃。と、設定が重厚なエルマーナちゃん。

 

戦闘に関しては、スタイル「アドバンス」で完全に攻撃専門職でした。調子がいい時は最速で敵を殲滅できるけど、打たれ弱いから一手遅れたり、横槍が入ってくると割と簡単に押されてしまいました。なので、最初のポジション取りが肝心だったかなと思います。使用感は爽快でしたね。もしかすると、ガーディアンにしてた方がいい立ち回りができたのかもしれないとふと思いました。

 

 

【まとめ】

以上、DS版の「テイルズオブイノセンス」のキャラクターの感想を書きました。六人とも魅力溢れるキャラクターでしたね。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。