ランニング好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、ランニング、読書、昆虫、子育て、文章書き、オナ禁、映画、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

仕事に関して思うこと〜小さな目標を持って1日を過ごす〜

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、仕事に関して思うことということで小さな目標を持って仕事に取り組もうという話をします。宜しくお願い致します。

 

【仕事はつまらないもの】

仕事はよく雑務の塊なんて言われます。同じ会社の同じ部署の同じ立ち位置で働いていると、刺激はどんどんなくなってきます。仕事に慣れると、平常心は保ちやすくなるけど、反面、つまらなく感じるものかと思います。

 

なんとかして、日々の仕事に少しでもやりがいを持たせたい。

 

そのために、僕は1日の始めに小さな目標を打ち立てることをお勧めしたいです。

 

会社へ出社中に今日意識することを決める。例えば、車や電車の中で、あの会議であの議題について話そうとか、今日は定時に帰れるように頑張ろうとか、ちゃんと聞き取りやすい声と笑顔で話そうとか、挨拶をちゃんとしようとか、背筋伸ばしていこうとか、会議で5回以上発言をしようとか、1つ分からない単語を調べようとか、Excelの式を1つ覚えようとか、明るく前向きに振る舞おうとか。

 

何でもいいので意識次第でできそうな簡単な目標をさっと決めます。それを仕事中に意識して取り組みます。すると、毎日、少しばかりの充足感や達成感、成長、刺激を得ることができます。その少しばかりの目標のクリアの積み重ねが何年か先の自分の人格形成やビジネスの立場を変えていくのではないでしょうか。

 

毎日の雑務の塊を何も考えずにこなすのではなくて、何か少しでも自分にとってプラスになるような目標を立てて過ごす。

 

それが、やりがいや楽しさ、数年後の進化に繋がっていくのではないでしょうか。

 

毎日コラッタを一匹狩っていればいつかはリザードンになれるはずです。

 

【まとめ】

小さな目標を持って1日を過ごそうという話でした。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

たとえ単調な仕事でも、「こうすれば、もっと効率的にできるのではないか?」「こうすれば、もっと質の高い仕事ができるのではないか?」と私なりに工夫するようになり、それがうまくいったときの喜びを知ったのです。

(「働く君に贈る25の言葉」より」)