昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

皆に優しい自分でいるとありのままの自分で有りやすい

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、優しさや誠実さを大事にするとありのままの自分でいやすいのではないかという話をしてみます。宜しくお願いします。

 

【一部の人に優しくする】

人は色んな顔を持っています。誰々と接するときは優しい自分、誰々と接するときは厳しい自分と誰と接するかで自分を使い分けることは無意識にかもしれないけど皆がしていることだと僕は思います。人によっては、人一人毎に自分を変えていることだってあるかもしれないですね。

 

大袈裟な例を出してみると、よくドラマなどにいるホステスが「あーん、社長~、一緒に飲みましょうよ~」って甘い声を出しながら、ぱっと後ろを振り返って新人のホステスに「あんたはあっちで皿洗いしてなさい」と怖い顔で言うみたいな。

 

あの人には礼儀よくしてた方がいい、この人には厳しくしといた方がいいといった色んな顔を持っておくことは人生を上手く生きる上で大事なことあるとも僕は思います。

 

けど、そんな風に色んな顔を持つと、心はしんどくなってしまうのではないかとも考えてしまいます。

 

【自分の中に色んな自分がいるとしんどい】

人生をよりよく生きるには色んな顔を持つことは大事だとは思うけど、心は結構しんどいと思います。

 

それは、自分を色々と演じるのもしんどいし、周りの人に自分が人によって態度を変えてるのが知られると不信感をもたれるし、カメレオンになってると本当の自分を見失ってしまうことだってあり得るのではないでしょうか。

 

だから、色んな顔を持ちすぎるのも考えものだと僕は考えます。

 

時々、自分の確固たる意思があってどんな人に対しても態度を変えない人を見かけます。そういう人は、周りと衝突しやすかったり、それが権力のある人であれば腫れ物のように扱われることもあるような気がします。そういうのは嫌だけど、ありのままの自分で周りと接することができたら素敵だなと感じます。

 

そこで、ありのままの自分に優しさと誠実さを心掛けさせることでそれに近しいことができるのではないかと僕は思いました。

 

【変わらない自分で日常生活を通常運転する】

変わらない自分で日常をずっと過ごす。それは自分の心にとって楽なことだと思います。

 

そのありのままの自分の価値観が周りと合ってなかったら、周りと衝突したり、気を遣われたり、腫れ物扱いされたりします。

 

そこで、優しさと誠実さが必要になってくると僕は考えます。

 

どんな人にも優しさと誠実さを持って接していれば、トラブルになることも少ないはずです。

 

だから、ありのままの自分に優しさと誠実さを心掛けさせる。すると、日常生活でありのままの自分でいても心の負荷になるような出来事にも出くわさないで、過ごすことができるのではないかと思います。

 

優しさと誠実さを装備しておけば、人間関係の問題少なく、自分を変えることをしなく、過ごせるのではないでしょうか。

 

人に優しく。それは自分の身を守ることにも繋がってくると思います。ただ、注意しないといけないのは、自分の優しさに必要以上につけこんで騙したり奪ったりしようとしてくる人には気をつけなければならないと思います。

 

【まとめ】

優しさと誠実さを心掛けながらありのままの自分を出していくといいという話でした。


f:id:mushitora:20211006130222j:image