昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

ゲーム「イース フェルガナの誓い」感想

【前置き】

 どうも、虫虎です。今回は日本FALCOM社さんのイースシリーズの3作目「イース フェルガナの誓い」の感想を語ります。ネタバレありますがよろしければお付き合いください。宜しくお願いします。

 

 

【未開の地という冒険浪漫】

 アドル・クリスティンの大冒険。平原、草原、森林、山脈を越え、溶岩地帯、廃坑、採石場、神殿へも訪れる。未開の地への冒険浪漫が詰まったゲームです。

 


【アドルへの没入感が高い】

 ゲームを遊んでいると、僕自身のアドルへの感情移入や没入感が高いことに気がつきました。それはこのゲームのシステムが大きく影響していると僕は考えます。操作キャラクターが1人であること、高いアクション性の為に必死に操作キーを動かすこと、この2つの要因によって、アドルの中に自分を投影して、あたかも冒険している錯覚に陥りました。その感覚が凄く愉しかったです。

 


【物語展開】

 物語の展開は、短いけど、流石ファルコム作品だけあって、しっかりと作り込まれていて、面白かったです。短いから故に、手軽にプレイできるのがこのゲームの利点だと思います。

 


【好きな曲】

 冒険を彩る音楽がどれも素晴らしいですね。音楽に乗って、フィールドをどこまでも進んでいける。以下は、好きな曲について書きます。

 

「翼を持った少年」
 街道に出るとお出迎えしてくれる曲。ずっと聴いていたいですね。

 

「漆黒の魔獣」
 ギターが格好良くて印象的な曲です。

 

「イルバーンズ遺跡」
 遺跡だ。冒険だ。未知の土地を進んでいく感じが良いですね。

 

「灼熱の死闘」
 格好良さが好き。

 

「バレスタイン城」
 「やってやるぜ」って感じの闘志溢れてるところが素敵ですね。

 

「最強の敵」
 曲名に負けない素晴らしい曲です。

 

 全体的に曲の質が良すぎてサントラ1枚ずっと聴いていられますねお勧めのサウンド・トラックです。

 

 


【ボスが強すぎる】

 イース作品の大きな特徴でありますわね。ボスは基本的に初見では、全く歯が立たなかったです。しかし、何度も何度も挑戦する内にボスの行動パターンや攻撃タイミングが少しずつ読めてくる。そして、何度目かの挑戦でやっとの思いでボスを撃破することができる。その瞬間は飛び上がるほどの喜びを味わうことができます。これがイースの魅力の一つであります。

 


【印象的なボスの感想】

 

『不浄の廃結晶 イスターシバ』
 何度やられたことか。イスターシバの連続結晶ボールを避け続け、僅かな隙をついて、剣を入れる。その長時間の繰り返しの中の消耗戦。三時間以上かけてやっと倒せた時はガッツポーズしました。

 

『氷穴の守護者 ギルディアス』
 こいつも手強かった。何度も挑戦する中で、行動パターンが分かってくる。そして、少しずつ与えることのできるダメージが増えていく。最後、僅かな勝機が見え出してきた時の連れ去り攻撃には泣きました。

 

『悲壮なる決意 デュラーン』
 シスターだったのね。流石ファルコム作品、驚かされました。こちらも手強く、行動パターン読み込む迄、大変だった。ブーストして必死に剣を振り回す。

 

『暗黒司教 ガーランド』
 個人的には1番強かったのではないかと思います。炎攻撃を隙を見つけて撃ち込みまくる。数少ない勝機が訪れた時は、手汗と手の震えが半端ない位、必死だった。なんとか倒せた時は全力ガッツポーズしました。

 

『暴虐なる蹂躙 ガルバラン』
 ラスボス。初見はダメージの与え方が分からなかった。全然分からなかったから、一旦撤退して、レベル上げと装備の強化をしっかりして再挑戦しました。パターンが読めてくると、何とか闘えましたね。

 


【まとめ】

 難しいアクションRPGが故に、夢中になって遊びました。物語や音楽、フィールドも勿論素晴らしいけど、やはりこのゲームの魅力はボスの手強さですね。ボスを倒した時の喜びが他のゲームより大きいように感じました。手に汗握りながら必死になって何度も挑戦して撃破した瞬間は最高ですね。

 

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

イース -フェルガナの誓い-(通常版) - PSP

イース -フェルガナの誓い-(通常版) - PSP

  • 発売日: 2010/04/22
  • メディア: Video Game