昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

映画「名探偵ピカチュウ」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は映画「名探偵ピカチュウ」の感想を書きます。ネタバレありますが、宜しくお願いします。

名探偵ピカチュウ(字幕版)

名探偵ピカチュウ(字幕版)

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: Prime Video
 

 

【子どもの頃夢見た世界】

子どもの頃に夢見た世界がそこにはありました。

 

僕は小学校二年生位の時に、初めてゲーム「ポケットモンスターレッドバージョン」を遊びながら初代ポケモンアニメを観ていた世代です。その頃少年の僕が夢想していたことは「現実世界にポケモンがいたら楽しいだろうなぁ」でした。ゲームやアニメでポケモン世界を楽しんではいたけど、そこは完全なるファンタジーの世界でした。

 

それがハリウッド映画というゲームやアニメよりも現実に近い形で表現されているのに凄く感動してしまいました。こんな素晴らしい映画だったのかと。

 

僕は3Dのポケモン達が人間と共に生活をしている映像を見るだけで興奮しました。人と仲良く歩いたり、自由に羽ばたいたり、仕事を手伝っているポケモン達は幼い頃の夢の現実化でした。こんな楽しい映画があったとは知らなかったです。

 


【物語展開も面白かった】

物語は父の失踪の原因を探る少年が喋るピカチュウと出会い、怪しげな薬を発見して、巨大な組織の陰謀に迫るという展開であって、僕はミュウツーの意図や黒幕の正体や何故ピカチュウと喋れるのかが全く読めなかったので普通に楽しめました。物語の随所にポケモンの特性を活かした展開があってポケモン好きには堪らなかったですね。コダックの念力とかコイキングの進化とか。

 

後は観ていて、ポケモンの世界を題材にして色々なアナザーストーリーが作れそうだと思いました。考えてみるだけでワクワクしますね。

 


ポケモン達が魅力的すぎる】

あの3Dの柔らかそうで表情豊かな喋るピカチュウの可愛さ、森の中でひっそり群れて暮らすフシギダネの優しさ、コイキングから進化するギャラドスの勇ましさ、凶暴化したリザードンの怖さ、巨大なドダイトスの迫力、交通整理するカイリキーの真面目さ、ピカチュウを乗せるピジョットの華麗さ、ミュウツーの格好良さとか、全部が最高でした。

 


【まとめ】

ポケモン好きには堪らない映画でした。エンディングのゲームの映像も懐かしくって心弾んでしまいましたね。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。