ドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」感想

【前置き】

どうも、虫虎です。今回はドラマ「勇者ヨシヒコと魔王の城」を視聴してみましたので、そちらの感想を書き連ねてみます。現在Amazonプライムビデオで観れますよ。ネタバレありますが、宜しくお願いします。

 

 

 

【どんなドラマ?】

冒険活劇ですね。魔王を倒すという使命を授かった勇者が仲間と共に世界各地に散らばる伝説の装備を集めていくという王道RPGゲーム的展開をギャグで塗り固めたドラマですね。

 

 

【面白いドラマ】

ドラゴンクエストネタ、シュールな笑いをふんだんに盛り込みながら、回を重ねる毎に少しずつ魔王へと近づいていきます。俳優陣の掛け合いも笑えるし、冒険している雰囲気も味わえるし、内容も面白いです。特に、最後の戦いの舞台が大都市であるのも、斬新で良かったなーと感じました。

 

 

【低予算のファンタジードラマ】

予算の少ない冒険活劇といわれているけど、凄く面白いです。確かにファンタジー映像なら予算が沢山かかるのでしょう。けど、上手く低予算で楽しめるドラマになってるから、そこがなんかいいなーと思えました。張りぼてのモンスター、突如出てくるチープな感じのアニメーションもそれはそれで新鮮で良かったと思います。お金をかけなくても工夫次第で面白いドラマを作れることを体現してくれてるドラマなのかなと思います。

 

 

ドラクエネタが好き】

ドラゴンクエスト好きの僕には笑える楽しいネタが満載でした。人の家に入って勝手に壺を割って金を探したり、村人が同じことしか言わなかったり、死んでしまうと棺桶に入ったり、ダーマ神社で転職活動したり、ドラクエっぽい魔法や特技があったりと、ドラクエに絡めたシュールなネタが満載で最高でした。

 

 

【俳優陣が良かった】

山田孝之さんは、僕の好きな俳優さんですね。真面目な顔でボケるところがいいですねー。

 

木南晴夏さんも僕の好きな女優さんですね。ちょっと冷めた目の感じが好きです。可愛いですねー。

 

ムロツヨシさん、普通にボケもツッコミも面白かったです。魔法を覚えたというくだりが好きです。

 

宅麻伸さんは、顔は濃いけど、地味な役回りをしてくれててパーティメンバーの掛け合いのバランスを上手くとってくれてていいなと思いました。

 


【まとめ】

前々から観てみたいなと思いつつもなかなか観れてなかったドラマを観ることができて良かったです。続編をまた観てみます。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。