昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

アドラー心理学「人間の悩みは、全て対人関係の悩みである」

【前置き】

どうも、虫虎です。今回は、「嫌われる勇気」の一文であります「人間の悩みは、全て対人関係の悩みである」について考えてみます。宜しくお願いします。

 

【地球上に一人なら悩みはない】

アドラー心理学では、「人間の悩みは、全て対人関係の悩みである」と提唱されています。つまり、地球上に人間が一人しかいなければ悩みというものは存在しないということになります。

 

本当にそうなのかについて考えてみます。

 

まず、地球上に人間が一人しかいないなら、当たり前だけど人間関係の悩みはなくなります。それから、人間の作ったルールであるお金や決め事や法律などに関する悩みもなくなります。誰かに見られることもなくなるので、見た目のコンプレックスといった悩みもない筈です。仮に地球上に一人ならサバイバル生活を強いられるわけだけど、周りには人がいないから「何で俺だけこんなことしないといけないんだ」というような悩みもないかとも思います。猟をして収穫がなかったとしても、誰かが猟に成功して美味しい思いをしているわけでもないから、猟の失敗もすんなり受け入れることができるのかもしれないです。足を怪我しても他に元気な人がいるわけでもないから悩まないのかもしれないです。

 

そういう風に考えてみると、悩みは殆ど全て対人関係の悩みであると僕も感じます。

 

【人間の悩みは、全て対人関係の悩みである】

人は人同士のコミュニケーションで悩み、人の作った法律やルールに縛られて悩み、人にどう見られるかで悩み、人と比較することで劣等感を感じて悩むように、全ては対人関係の悩みであると括ることができると考えられます。そう考えると、悩みに対する考え方も変わってくるかなと僕は考えます。

 

【悩みとの付き合い方】

この世界で一人で生きていくことは現実的ではないですね。だから、悩みを0にすることは難しいのかなと思います。

 

しかし、悩みの全ては対人関係の中にあるということを知ることで、悩みを減らすことはできるのではないかと僕は考えます。

 

人にどう見られるかよりも自分がどうなりたいかに重きを置いたり、他人と比較する心持ちをなくしていく努力をしたり、他人の顔色を窺うよりも自分が自分なりの優しさや誠実さを持つことを大事にしたり、関わる人の総量を減らすことをしてみたり、見返りを求めずに人に与える心を醸成したりなど、巧く対人関係の悩みからなるべく遠ざかれる思考を形成していくことができるのではないかと僕は考えます。

 

【まとめ】

人間の悩みは、全て対人関係の悩みであるということを理解することで、自分の悩みへの考え方を変えて減らすことができるのではないかという話でした。

人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである

(「嫌われる勇気」より)