昆虫好きライトゲーマー虫虎の日記

ゲーム、昆虫、読書感想、子育て、文章書き、オナ禁、映画感想、人間関係、音楽、僕が考えていることを書いている雑記ブログ

バラエティ番組「戦闘中」シリーズ感想

【前置き】

どうも、虫虎です。フジテレビの戦闘中という番組をご存知でしょうか。芸能人同士がバトルボールというボールを当てあうゲームです。バトルボールに当たると撃破扱いとなり、ゲームから退場となります。そして、最後の一人まで残った人が賞金を獲得できるというルールです。今回は、フジテレビオンデマンドに登録して「戦闘中」の過去作を見てみましたので、感想を書いてみます。宜しくお願いします。

【白熱する戦闘】

初期の基本のルールは、バトルボールを相手に当てると撃破できる。そして、相手の賞金を手持ち金として貰うことができて、そのお金でより強力な武器や戦闘アンドロイド忍を買うことができます。

 

そんな感じで個人の実力差を埋めることができます。例えば、女性タレントは初期装備として盾を持っているのですが、それを売却して忍を手に入れたりもできます。すると、男性タレントとも互角以上に戦えるというわけですね。

 

戦略的に自分を強化して個人の身体能力差を埋めることで白熱した戦闘を見ることができます。

 

近年の「戦闘中」では、芸能人が戦闘アンドロイド忍と戦闘したりするルールもできて、「運動神経の良い芸能人の方々と戦闘アンドロイド忍とのより白熱した戦闘」を見ることもできますね。

 

【勝負は一瞬で決する】

バトルボールが当たると撃破となるので、戦闘が始まると結構一瞬で勝敗が決します。

 

だから、その時々の瞬時の判断がとても重要となります。

 

TVショーなんですが、戦略性や一瞬の判断の重要性などはスポーツのようで手に汗握って見れますね。

 

【芸能人の素の部分が見れる】

人は窮地に立たされると素の部分が出るかと思います。

 

芸能人の方が追い詰められて、素になってるところも見所の一つかもしれませんね。

 

あと、好きな芸能人の人が出てたら応援してしまいますね。

 

そういうのも楽しいところですね。

 

【戦闘中やってみたい】

それから、実際にやってみたいなーって妄想をしてしまいます。

 

自分だったらどうするだろうか。どんな風に戦えるのだろうか。芸能人の方とどんな絡みをするのだろうか。

 

そんなありえもしない妄想が楽しいですね。

 

【まとめ】

戦略性や一瞬の勝負があり、目が離せなくて楽しいバラエティ番組ですね。好きな芸能人を応援したり、自分がもしも戦闘中に出てたらと妄想もしてしまいます。

 

「戦闘中」にはそんな魅力があるかと僕は思いました。